ミーガン・フォックス、早くも女優生命の危機?ハミ乳で挑んだ主演作がお蔵入り

主演作が劇場公開されず、直接DVD発売にショックのミーガン
  • 主演作が劇場公開されず、直接DVD発売にショックのミーガン

ミーガン・フォックスがハミ乳で挑んだ主演作『Passion Play』の劇場公開がお蔵入りになり、ミーガンは相当落ち込んでいるらしい。

昨年9月にトロント国際映画祭でプレミア上映された同作は、“救いようがないほどの駄作”と大不評で観客が次々に席を立ってしまったと言われていたが、「同作で天使を演じたミーガンは、胸の半分以上があらわになったゴージャスなドレスとファー、そして胸元にはダイアモンドをつけて挑んだんです。それにも関わらず、あまりに作品の評判が悪かったため、劇場公開されずに直接DVDが発売されることに決定しました(5月24日全米発売)。『トランスフォーマー』シリーズは大ヒットしましたが、その後は『ジェニファーズ・ボディ』(10)、『Jonah Hex』(10)、そして同作と主演作がどれも不評で、興行的にも全く成功しておらず、早くも女優としての資質を疑問視する声も多く上がっています」と、関係者がWENN.comに関係者が語っている。

最近、アルマーニの広告でセクシーな下着姿を披露したミーガンは、その激やせぶりから拒食症の噂が絶えなかったが、パーソナルトレーナーを通じて、「代謝が良すぎるため食べても太らない体質」であることを強調したばかり。しかし、キャリアの悩みが太れない原因の1つになっているのかもしれない。【NY在住/JUNKO】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報