「HEROES」のマシ・オカが「日本人の一体感を誇りに思う」

「日本人が一体となっている。互いを助け、周囲の人々に負担をかけまいとする、誇り高さがあるんだ」
  • 「日本人が一体となっている。互いを助け、周囲の人々に負担をかけまいとする、誇り高さがあるんだ」

大ヒットした米ドラマ「HEROES ヒーローズ」でヒロ・ナカムラ役を演じたマシ・オカが、日本の震災のニュースに受けた衝撃と悲しみを米国のエンタメ情報番組「Access Hollywood Live」で語ったようだ。東京都出身の彼は、連日、日本からの映像を米国で見て心を痛めており、何か自分にできることがあれば今週にでも日本に行きたいと考えているらしい。

「皮肉なことに、大勢の日本人の友人たちと一緒にパーティーをしていた。帰宅して、日本の仕事仲間と電話会議して電話を切ったら、その後で母親が『ニュースを見て』と言うんだ。テレビの映像を見ると、それはシュールなほどで圧倒された」というマシは、震災後の日本の人々の姿に誇りを感じているそうだ。「共同体意識が確かにある。日本人が一体となっている。互いを助け、周囲の人々に負担をかけまいとする、誇り高さがあるんだ。彼らは他の人々に迷惑をかけたくないんだよ」と番組中で語ったとWENNが伝えている。

また、彼はファンに対し、「僕たちは皆、人間としてつながっている。そしてこれは僕らが一緒に取り組むべきことだ」と赤十字義援金を通した日本への支援を呼び掛けている。【UK在住/ブレイディみかこ】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報