竹内まりや、究極のベストついに完成!!  山下達郎とのデュエット曲も収録

山下達郎とのデュエットが堪能できる「Let It Be Me」も収録。
  • 山下達郎とのデュエットが堪能できる「Let It Be Me」も収録。

ことしでデビュー30周年を迎える竹内まりやが初のコンプリート・ベストアルバム「Expressions」(エクスプレッションズ)を10/1(水)に発売することが決定した。昨年11月にCDの発売広告としては異例の新聞15段を使った“予告広告”が打たれて以来、その内容が待たれていただけに、その内容は竹内まりやがシンガーとして、ソングライターとして、そしてシンガーソングライターとして歩んできた30年間をみごとに“表現(Expressions)”した究極のベスト盤となっている。

このベスト盤は、ことしの1〜2月にオフィシャルHPとCDショップとで行われた収録曲リクエスト投票の結果を反映しつつ、デビュー時のRCA(現:BMGジャパン)時代から現在のワーナーミュージック・ジャパンまで、レーベルの垣根を越えた楽曲群の中から竹内まりや本人がセレクト。全42曲全ての音源は竹内まりやの夫であり、プロデューサーである山下達郎氏全面監修のもと、最新デジタル・リマスターが施されている。

移り変わりの激しい日本の音楽シーンにおいて、常に第一線で活動し続けてきた彼女だけに、その作品ひとつひとつはどれをとっても誰もが一度は耳にした事のある作品ばかり。竹内まりやの30年間の足跡を総括するに相応しい記念すべき作品となっているので、ファンはもとより、同じ時代を彼女の楽曲と共に過ごしてきた多くの音楽リスナーや、その子供にあたる10〜20代の若い世代にも、絶対買い!の作品になることは間違いない!!

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報