ほんこんと千原せいじが、ガチンコで人生相談!!

ほんこんと千原せいじの笑いを抜きにした熱い語りは必見!
  • ほんこんと千原せいじの笑いを抜きにした熱い語りは必見!

メ~テレにて3月29日に放送される~熱血人生相談室~「答えて!ほんこんせいじ」の収録が都内にて行われた。

本番組は、130R・ほんこんと千原兄弟・千原せいじが、ガチンコ人生相談に挑戦する“人生相談バラエティー”。この日の収録には相談者として、お笑いコンビふくろとじ・てつみちが登場した。てつみちは、先輩芸人と旅行に出かけることになった際に、あることがきっかけで、衝撃の事実を知ることになった。それは、なんと現在の父親が実の父親ではなく、育ての親であったというもの。「実の父親に会うべきか」、てつみちの思いに、ほんこんとせいじの2人が真正面から語り倒す。

今回は収録を終えた2人に本番組について熱く語ってもらった。

―――収録を終えて感想など、いかがですか?

ほんこん「僕らお笑いじゃないですか。お笑いの人間が、どこまで真剣にできるのかという部分もあって、笑いとか欲しくなるんですけどね。真摯(しんし)に答えたほうがええんちゃうかなと思って。僕は楽しかったですね! いろんな価値観があるということ、平和もあれば喧嘩もあるなと、この番組を通して感じましたね」

千原「人の相談にのるというのが正直あまりピンと来ない。相談者の話とお兄さん(ほんこん)の話を分析してやってたので、ほんこんさんが、いなきゃできてないなと。比較対象というか…ほんこんさんは面白かったです(笑)」

―――どんなところに注目して見てもらいたいですか?

ほんこん「気楽に人生相談ってできんねんって! コミュニケーションがとれてないじゃないですか。若い人と年配の人。僕らだって、20歳も30歳も離れている人と昔から話してたから、いろんなことも教えられたし。そういうところを、自分たちの日常でもやってもらいたいなと。で、年上の人に相談したらええ。ぶつけていったらええんちゃうかなと。この番組で見つけてもらって、実践してもらったらありがたいね」

千原「どんなことでも悩んでいる人がいてたら、自分に都合のええとこだけ聞いて、自分の悩みを解消するきっかけになればと。何かお役に立てればうれしいです。これ幸い」

―――自身のデビューの時など悩みや、相談したことはありますか?

ほんこん「絶対売れると思ってました。だから残っていると思うんですよ。売れている人は絶対ダメと思わない。ただ、それだけやね。絶対アカンなんか、デビューの時一切考えなかった」

千原「僕もまったく一緒です。売れている絵しか思い浮かばなかった。NSC入って、23、4歳ぐらい時、もう既に『コイツ、アカンな』とか分かりましたからね」

―――後輩からの相談を受けることも多いのではないですか?

千原「別になにもされないですよ。『兄さん、ニンテンドー3DSどっかで安く手に入りませんか?』とかそんなもんですよ(笑)」

―――ほんこんさんは相談するほうですか?それとも、乗るほうですか?

ほんこん「どっちもですね。された場合とか、僕ハードルあげるんですよ。『お前、こうやってやっていかなきゃアカン』って。それは、その子のために言うてるんじゃなくて、僕のために言ってるんですよ。そこまで言うなら、おれはちゃんとやってなきゃアカンなって。だから相談受けたりするんじゃなくて、受けたときは、自然と自分のためにやっているようになっていますよね」

―――自ら相談したことはないですか?

ほんこん「彼女とかそんなことやろ…(笑)。相方(板尾創路)には(相談したことが)あるんで。今田にもあるよ。昔はよくあったよ」

せいじ「恋愛ではあるよ。けど、仕事ではないな」

(同意した様子で)ほんこん「何でかって言うと、見透かされたり、『そんなことで悩んでいるの』って思われたら絶対嫌やから」

千原「仲間やから自分の手の内見せてまうみたいな」

ほんこん「仲間やけども、ライバルや。」

―――奥さんに物を買う時とか、相談することないんですか?

千原「そんなもん、嫁さんに相談したら全部反対されるに決まってる。全部買うてから言う(笑)」

ほんこんと千原の飾らない言葉は、相談者だけではなく視聴者にも貴重なアドバイスになる。2人の言葉から悩み解決の糸口を見つけてみては?

~熱血人生相談室~「答えて!ほんこんせいじ」
メ~テレ 2011年3月29日(火) 25:25~25:55(予定)
出演者:130R・ほんこん / 千原兄弟 千原せいじ
※放送エリア 愛知県・三重県・岐阜県
※内容変更の可能性有り

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報