「第3回沖縄国際映画祭」開幕!『漫才ギャング』品川監督が被災地にエール

「漫才ギャング」プレミア上映の舞台あいさつに登壇した品川ヒロシと千鳥・大悟
  • 「漫才ギャング」プレミア上映の舞台あいさつに登壇した品川ヒロシと千鳥・大悟

3月22日(火)からの本開催に先駆け、「第3回沖縄国際映画祭」の「Yell,Laugh&Peaceカウントダウンフェスタ」が3月18日からスタート。宜野湾市民会館(沖縄県宜野湾市)でオープニング上映作品『漫才ギャング』のプレミア上映会が行われた。舞台あいさつに登壇予定だった主演キャスト陣が東北地方太平洋沖地震の影響で欠席を余儀なくされる中、監督の品川ヒロシと同作に出演した千鳥・大悟の2人が「私たちにも、できることがきっとある。」と胸に書かれたTシャツを着て登場し、遠く離れた沖縄から被災地へエールを送った。

『漫才ギャング』は、大ヒットを記録した前作『ドロップ』に続き、自ら書き下ろした小説を映画化した品川ヒロシ監督2作目。品川の本業である“お笑い”で成功を夢見る芸人の思いを題材に、主人公の売れない芸人・飛夫に佐藤隆太、その相方となる札つきのワル・龍平に上地雄輔、ヒロインに石原さとみを起用した“お笑い×アクション”の青春ムービー。本日、3月19日から全国一斉公開された。

はじめに、「本日はお忙しい中、足を運んでいただいてありがとうございます。今本当に日本が大変な時期ですが、まずは東北地方の方に笑顔を取り戻したいという気持ちもありますが、まずは義援金という形で、皆さんが出していただいたチケット代や収益金を、日本赤十字社を通して寄付したいと思います」と品川があいさつすると、詰め掛けた約1000人の観客から温かい拍手が送られた。

続く、千鳥・大悟が「『なぜお前なんだ?』ということは、1回忘れていただきたいと思います。僕らもできることからやっていきたいと思います。ぜひ、映画を観て元気を出してください」と話すと、今まで静かだった会場から笑いが起こり、一気に場が和んだ。

その後のトークセッションで、司会から「もし、相方の庄司を主役で映画を撮るとしたら?」と聞かれた品川は「もし、庄司を主人公で撮るとしたら…、『海パン1丁で嫁の名前を叫ぶ』っていう、『世界の中心で愛をさけぶ』みたいな(映画になると思う)」とコメント。さらに、横に立つ大悟を主役にした場合に話が及び、「時代劇だったらピッタリの役があるんですけどね。『肥溜めを守る番人』で」と答えると、「そんな役がおったんか!」と千鳥・大悟が鋭い突っ込みを入れ、会場は爆笑の渦に包まれた。

また、劇中で繰り広げられる上地と佐藤の漫才の出来栄えを問われた品川は、「100点満点!」と即答。それを聞いていた千鳥・大悟も「品川庄司さんの漫才に似てました。僕らより早いテンポで。ぜひ、M-1に出る前に見て勉強したかったと思うぐらいいい漫才だった」とベタ褒めだった。

最後に、「今日は、上地雄輔や佐藤隆太、石原さとみちゃんに会えると思ってきた方もたくさんいると思いますが、作品の中ではたくさん見られますので。生では僕と大悟で…」と品川が恐縮しながら話すと、どこからともなく自然に拍手が沸き起こり、「みんなで元気出して東北の力になっていけたらと思います。ありがとうございました」と、深々とお辞儀をして退出した。【東京ウォーカー】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報