大震災に見舞われた日本を応援!映画で知るジャスティン・ビーバーの素顔

カナダ出身のジャスティン・ビーバー。3月1日で17歳になった
  • カナダ出身のジャスティン・ビーバー。3月1日で17歳になった

先日、大震災に見舞われた日本への応援メッセージをTwitterで公開したジャスティン・ビーバー。昨年のハイチ地震の際も被災者支援のチャリティソングに参加するなど、10代とは思えないほど社会的行動に積極的な彼の、自伝的ドキュメンタリー『ジャスティン・ビーバー ネヴァー・セイ・ネヴァー』が5月7日(土)より3D映画として公開される。

17歳ながら、ジャスティンの人気は全米のみならず既に世界レベルに達している。爽やかなスマイルと美声で世界中の女性を虜にし、Twitter上ではフォロワー数で世界第1位のレディー・ガガに次いで、700万人を超えて第2位を誇り“Twitter王子”とも呼ばれるほど。そんな最も熱いミュージシャンの自伝的映画ということもあり、早くも注目度が高まっている。

『ジャスティン・ビーバー ネヴァー・セイ・ネヴァー』では、2010年に行われた彼のコンサートツアー、ニューヨーク、マディソン・スクエア・ガーデンでのステージとその舞台裏に完全密着。加えて、ジャスティンのプライベート映像や共演した有名アーティスト、家族のインタビューなども織り交ぜて、彼の素顔も垣間見られる充実の内容となっている。幼少時の貴重な映像などもあるのでファンならずとも必見だ。スターダムを駆け上がるであろう彼のライブパフォーマンスが臨場感満点の3Dで体感できるので、満足すること間違いなしの一本だろう。【トライワークス】

キーワード

[PR] おすすめ情報