“エッグチョコ”が続々登場で、ついに本格イースターブームが到来!?

4月24日(日)はこのキリスト教由来の祭り「イースター」。今年は各社から「イースター」のモチーフであるタマゴ型をした“エッグチョコ”が登場中だ
  • 4月24日(日)はこのキリスト教由来の祭り「イースター」。今年は各社から「イースター」のモチーフであるタマゴ型をした“エッグチョコ”が登場中だ

4月15日(金)の東京ディズニーランド営業再開と同時にイベント「ディズニー・イースターワンダーランド」もスタートし、さっそく人気を集めるなど、じわじわ盛り上がりを見せている「イースター」。今年は各社から「イースター」のモチーフであるタマゴ型をした“エッグチョコ”が発売され、このキリスト教由来の祭りが身近なイベントになりそうだ。

そもそも「イースター」とは、毎年春分後の最初の満月の翌日曜日(今年は4月24日(日))のおよそ1か月ほど前から始まるキリスト教の「復活祭」。多産で知られるウサギや生命の象徴であるタマゴをモチーフにしたお菓子などが登場したり、春の訪れも一緒に祝うという賑やかなイベントだ。そんな伝統的なお祭り「イースター」を身近に楽しめる“エッグチョコ”を紹介しよう。

■カラフルな“エッグカップ”入りアイス サーティワンアイスクリーム「エッグカップサンデー」(450円)、「イースターバラエティBOX」(1380円) ※発売中~4月24日(日)まで

「エッグカップサンデー」(450円)は、ピンク、ブルー、イエローのカラフルなタマゴ型カップに入ったイースター限定サンデー。アイスは好みのフレーバーを選ぶことができ、さらにその上にクリームやタマゴ型をしたチョコアーモンドが乗っており、食べるのがもったいないくらいのキュートな“エッグチョコ”だ。また、パーティにも最適な6個セット「イースターバラエティBOX」も登場。

■高級ホテルの“エッグチョコ” ザ・ペニンシュラ ブティック&カフェ「イースターエッグチョコレート」(1300円) ※発売中~4月24日(日)まで

高級ホテル「ザ・ペニンシュラ」からは、動物型のチョコやナッツで飾られた高級“エッグチョコ”が登場。高さ8センチもある“エッグチョコ”の周りにはナッツやホテルのロゴを描いたチョコが美しくデコレーションされたオシャレな一品だ。

■まるで恐竜のタマゴ!? ドゥバイヨル「グランウフ」(3000円) ※発売中~売切れ次第終了

約12センチもある巨大“エッグチョコ”の中に、こちらもタマゴ形のヘーゼルナッツのプラリネが10粒以上。ホワイトチョコでコーティングされた見た目は、まるでホンモノの恐竜のタマゴみたい! ホワイトチョコのほかにもビター、ミルクもあり。

また、ゴディバからも限定エッグ形ケース入りトリュフ「ジェムズ エッグ トリュフアソート」(12粒入り、1680円 ※発売中~5月25日(水)まで)が登場するなど、この季節には“イースターパーティ”にぴったりの商品が続々と登場中。カラフルで見た目も楽しい“エッグチョコ”で毎日の生活に華を添えてみては? 【詳細は、3月22日発売号の東京ウォーカーに掲載】

キーワード

[PR] おすすめ情報