お局様の前で「20代で結婚したい」と漏らしてしまったあなた。この場を上手く切り抜けるには?

飲み会での対応。新人として適切なのは…?
  • 飲み会での対応。新人として適切なのは…?

春です。出会いと別れが交錯するこの季節、会社の飲み会の回数も増えますよね。Walkerplusの「新生活特集」では、あなたの飲み会での“マナー力”を診断する「歓送迎会マナー力検定」を実施中。社会人としての“大人の宴会”のたしなみ方を「大人力検定」の石原壮一郎が伝授します。今日はその中から、「新人のマナー力」に関わる1題を紹介。あなたは“将来を期待させる新人君”になれるか、さっそくチェックしてみよう!

【問題】歓迎会の最中に、既婚の上司と子どもの話で盛り上がった。「絶対に20代で結婚したいなあ」と意気込んだところ、向かい側のお局様(30代後半独身)が、険悪な顔つきに……。どうする?

(1).「……な~んて、相手もいないクセに大きな口を叩いてしまいました」

(2).「ただ、○○先輩(お局様)を見ていると独身も優雅で楽しそうですよね」

(3).「ところで話は変わりますけど、××課長はゴルフがお好きなんですか?」

さあ、どうでしょう。新人として最も優秀な対応はどれか、わかりますか?

正解は、こちら!

(3).「ところで話は変わりますけど、××課長はゴルフがお好きなんですか?」

【石原壮一郎の解説】(2)は、火に油を注ぐだけの危険な発言。他人から「優雅で楽しそう」と言われても、皮肉にしか聞こえません。お局様に聞かせつつ(1)のように言えば、多少は「申し訳ない」という気持ちが伝わりますが、露骨に気をつかうことによって余計に角が立つかも。ここは失言に気づいていないフリをして、思い切って話題を変えてしまう(3)がもっとも安全。頃合を見計らってそのお局様とも、結婚以外の適当な話題を交わして親睦を深めましょう。

どうでしたか?あなたは立派な新人君になれそうですか?

全3問の診断にトライすれば、あなたの“新人のマナー力”がわかります。新人の他にも、上司、幹事、モテを目指す人の全4つのジャンルで、あなたの宴会時のマナー力を診断中です。気になる人はWalkerplusの「新生活特集」へ今すぐGO!

監修=石原壮一郎
問題&答えは「歓送迎会マナー力検定」でチェック!

キーワード

[PR] おすすめ情報