AKB48が沖縄国際映画祭の募金活動に参加! 高橋みなみは被災した研修生を思い涙

募金活動に参加した前田敦子ほかAKB48のメンバー
  • 募金活動に参加した前田敦子ほかAKB48のメンバー

3月26日(土)、沖縄・宜野湾市の「沖縄コンベンションセンター」にて行われて第3回沖縄国際映画祭に、前日急きょ参加が決まったAKB48の選抜メンバー12人が登場。トークショー、スペシャルライブに続いて、募金活動にも参加し、募金に並んだ1000人を越す人たち一人一人にお礼を言葉をかけ続けた。

トークショー、スペシャルライブに続いて本日3回目の登場となったAKB48のメンバー。前田敦子、篠田麻里子、小嶋陽菜、峯岸みなみ、宮澤佐江、指原莉乃、高橋みなみ、大島優子、秋元才加、横山由依、河西智美、北原里英が、会場内の「シアター2」に特設された募金スペースに集結した。

横一列に並んだメンバーの前の机に募金箱が設置され、集まってくれた方々が次々と募金に協力。1000人を超す人たちが並んだことで、握手やサインなどをする時間は設けられなかったが、メンバーは並んでくれた全員に「ありがとうございます!」と感謝の言葉をしっかり届けていた。

小さな子どものために募金箱を少し倒してあげる高橋、一人一人の目をしっかりと見ながら丁寧にお礼を言う前田、優しい笑顔で手を振る篠田、誰よりも深々とお辞儀をしていた宮澤。一瞬一瞬の短い時間の中で、メンバーは自分たちでできる精いっぱいの気持ちで募金に並んだ人たちの善意に応えていた。

募金活動後、会場にて取材会が行われ、被災した研修生ついて話が及ぶと、こらえていた高橋の目に大粒の涙が。大島は「まだ直接言葉をかけることができない状態。こういう場を通してしか声をかけることができない」と悲痛の表情を見せ、「直接会えたら何よりも会えたことが無事で良かったなって言いたいです」と切々と語った。

最後は、AKB48がチャリティーとして限定配信する「誰かのために~What can I do for someone?~」についてコメント。“私に何ができるでしょう?”というフレーズが印象的な同曲について、高橋は「私たちも歌いながら本当に自分たちに言い聞かせるようにしています」と語り、「震災中に本当に自分たちがすごく無力だなと感じた部分もたくさんあったんです。でも、一人の力は微力でも、みんなの力が集まれば大きな力になるということを信じて、この曲を歌っていきたいです」と力強く約束した。【東京ウォーカー】

キーワード

[PR] おすすめ情報