『ゴーストライター・ホテル』で文豪を演じたケンコバ、KARAで役作り?

『ゴーストライター・ホテル』の舞台あいさつに登壇した4人(左から世界のナベアツ、ケンドーコバヤシ、主演の阿部力、伊東寛晃監督)
  • 『ゴーストライター・ホテル』の舞台あいさつに登壇した4人(左から世界のナベアツ、ケンドーコバヤシ、主演の阿部力、伊東寛晃監督)

沖縄・宜野湾市で開催された「第3回沖縄国際映画祭」にて3月23日、長編プログラム・Peace部門のノミネート作品『ゴーストライター・ホテル』が上映され、伊東寛晃監督のほか、主演の阿部力、世界のナベアツ、ケンドーコバヤシがレッドカーペット&舞台あいさつを行った。

レッドカーペットでは、伊東監督は「製作中はすごく楽しくて、作品をこのような機会に披露できて幸せです」と、3年連続で同映画祭に参加しているケンコバは「いつもエアーでおっぱいもんでいるような人間を歓迎してくれてありがたいです」と、感想を思い思いに表現。昨年「さらば愛しの大統領」で監督を務めたナベアツは「今年は賞を取りたい!」と出演者としても貪欲な一面を見せていた。

また、作品について、阿部は「芸人さんたちとの共演なので、見どころはいっぱいあります。誰もが楽しく気軽に見られる映画だと思います」と楽しさをアピール。ケンコバが「カースタントのシーンがいっぱいあって…」とボケると、「阿部くん、リュック・ベッソンじゃないんだから!」とナベアツのツッコミがさく裂。続けてナベアツが「フルーツポンチ・村上健志はコントはうまいのに、意外に芝居がヘタ!」と暴露し始めると、一同は大盛り上がり。たくさんのアドリブがちりばめられているという本作品で、伊東監督は「(出演者の)アドリブがアドリブじゃないように見せる演技力には感動しまして…」と撮影時を振り返ると、ナベアツが「それ、オレやないかい!」と自己申告。ケンコバは撮影中「アドリブのシーンは『ナベアツさん意外に緊張してるな~』と思った」と告白し、ナベアツがタジタジになる一幕も見られた。

その後の舞台あいさつでは、同作で文豪・夏目漱石役を務めたナベアツが、「本日は…天気の悪い中…お早い時間にお越しいただいてありがとうございま…す」と、用意された3つのマイクをすべて使ってささやくと観客は大爆笑。さらに「皆さん、『吾輩は猫である』を読みましたか?『こころ』も読みましたか? 読んでないとこの研究の内容は話せません」と、意味深な発言をすると、期待した観客からすかさず「読んだー!」との歓声が。しかし、あっさりと「読んでないねんな…」と返され、ナベアツの研究内容が何だったのか謎に包まれた。

続いて、ナベアツ同様、文豪・宮沢賢治を演じたケンコバは、流れをくんでマイクを3つ使って話した後、線につまずくという“おいしい”ハプニングが起き、ナベアツ以上の笑いをゲット。役作りについて聞かれると、「研究に研究を重ねましたよ。例えば、ユーチューブでKARAの映像を見たり……」と、トンチンカンなコメントで再び会場内の笑いを誘った。

すっかりチーム『ゴースト・ライターホテル』に魅了された観客たちを前に、阿部は「沖縄に来れてうれしいです。たくさんの映画が上映されるということなので、ぜひたくさんの作品を見ていってほしいです」と、まじめにコメント。「出演者がアドリブを出してくるので、笑いを我慢しながら撮影していました。申し訳ないくらい笑って、NGを出しました」と、撮影当時の苦労話を語った。

そんな笑いの絶えない撮影現場をまとめ上げたのが伊東監督。「現場でも笑いが絶えませんでした。どこからどこまでがアドリブなのかを楽しみながら見ていただければ、と思います」と、作品の上映を心待ちにしている観客に向かってアピールしていた。【東京ウォーカー】

キーワード

[PR] おすすめ情報