「涙がいつか笑顔に…」中谷美紀が『阪急電車』舞台あいさつで涙のエール

主演した『阪急電車 ~片道15分の奇跡~』で涙ぐみながら被災地への思いを語った中谷美紀
  • 主演した『阪急電車 ~片道15分の奇跡~』で涙ぐみながら被災地への思いを語った中谷美紀

3月24日、沖縄・宜野湾市の沖縄コンベンションセンターにて映画『阪急電車~片道15分の奇跡~』が上映され、先立って行われたシアターレッドカーペット&舞台あいさつに、三宅喜重監督、主演の中谷美紀、南果歩の3人が登場した。

寒空の中、白いワンショルダーのドレス姿で登場した中谷が姿を現すと、詰め掛けた観客から歓声が。沖縄に来た感想を聞かれ、「個人的にも沖縄は大好きな場所です。一昨日、沖縄に来ましたが、普段なかなか会えない友達にも会えてうれしかったです」(中谷)、「昨日沖縄に来たんですが、さっそく沖縄の方々の笑顔にすごく元気をもらいました。これを東京に持って帰ります!」(南)と語った。

その後の舞台あいさつでは、関西出身の三宅監督が「関西を舞台にした、関西を元気にできるような作品を作りたいなと思っていた時に原作に出合いました。読んですごく心があったかい気持ちになったので、みなさんも楽しんでいってください」と作品をアピール。さらに、「この映画は、観た方に笑顔になってもらいたいと思って作った作品なので、この映画祭の『Laugh&Peace』というコンセプトに合っていると思いますし、参加できて本当によかった。チャリティーに少しでも協力できればと思っています」と続けた。

そんな中、「めんそーれ!」と沖縄の方言を使って会場を和ませたのは南。この映画祭に来ることをすごく楽しみしていたという南は、今回の上映が3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震のチャリティーを兼ねることになったことに触れ、「今日は私にとっても忘れられない1日になりそうです」と感慨深げに話すと、どこからともなく起きた拍手が会場を包んだ。

また、司会から撮影中のエピソードを聞かれた中谷は、電車が5分ごとに入ってくる一刻を争うような撮影だったため、「“お昼ご飯”が抜きだったことが1番つらかった」と告白。さらに「お昼ご飯なしでもこんなにいい作品が作れるなら、今後は昼ごはん抜きで撮影しよう!」とプロデューサーに追い討ちで言われたことが「今1番の恐怖です」と話し、観客を笑わせていた。

最後に、登壇者を代表してあいさつに立った中谷は、「(沖縄のモノレール)『ゆいレール』の“ゆい”というのは“結ぶ”という意味だと聞きました。この『阪急電車~片道15分の奇跡~』も、町と町を結び、そして人と人を“結ぶ”作品です」と話したところで声に詰まり、「今、日本中には困難な思いを抱えた方々がたくさんいらっしゃいますけども、涙がいつか笑顔に変わるように心から祈って、この作品をみなさんにお届けしたいと思います」と涙ぐみながらエールを送った。【東京ウォーカー】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報