上野動物園のパンダ4月1日(金)一般公開決定!

上野動物園の休園に伴い、延期になっていた2頭のパンダの一般公開が4月1日に決定!
  • 上野動物園の休園に伴い、延期になっていた2頭のパンダの一般公開が4月1日に決定!

東北地方太平洋沖地震の影響による閉園に伴い、公開を延期していた「恩賜上野動物園」のジャイアントパンダ2頭の公開が4月1日(金)に決定した。

先般の震災の影響により、「3月17日から当面の間、閉園する」と発表していた上野動物園。当初3月22日に予定されていたリーリーとシンシンの“お披露目”も延期となっていたが、4月1日(金)10:00より再開することが決定し、同時にリーリーとシンシンの一般公開も決まった形だ。

気になる現在の2頭の様子だが、「メスのシンシンに発情の兆候が見られます。ペアリング(交配のための同居)の際には雌雄ともに展示を中止することがありますので、ご承知おきください」(恩賜上野動物園)とのこと。見られない可能性があるのは残念だが、2頭とも元気であることは間違いないようだ。

また、上野動物園と同時に閉園中だった「多摩動物公園」「葛西臨海水族園」「井の頭自然文化園」の開園も決定。各施設とも4月10日(日)までは、震災で被災した人の入園料を免除するという。また、3月20日は「恩賜上野動物園」の開園記念日だったが、震災の影響で閉園していたため、代わりに4月4日(月)に「恩賜上野動物園」「多摩動物公園」「葛西臨海水族園」「井の頭自然文化園」の全4施設を入園無料にすることが発表された。

いずれも、使用電力削減のため当面の間、通常よりも開演時間を短縮して営業(10:00~16:00 ※入園は15:00まで)し、園内で東北地方太平洋沖地震への義援金を受け付けるという。

沈みがちだった東京に到来した久々の明るいニュース。この春、上野のパンダが東京に笑顔をもたらしてくれそうだ。 【東京ウォーカー】

※計画停電が予定される場合は閉園。また、余震などの状況によっては閉園となる場合あるので、事前にホームページ等で確認してください

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報