『婚前特急』の吉高由里子「好きな人の前ではバカでいたい」

 『婚前特急』で初のコメディにトライした吉高由里子
  • 『婚前特急』で初のコメディにトライした吉高由里子

映画やドラマに引っ張りだこの吉高由里子の主演作『婚前特急』(4月1日公開)は、爆笑必至の痛快ラブコメディだ。彼女が扮するのは、同時に5人の男性と付き合うOLのチエ。初のコメディにトライし、個性派男優陣を相手にキュートなコメディエンヌぶりを発揮した吉高にインタビュー!

チエの相手は、いつも話を聞いてくれるバツイチの営業マン(加瀬亮)、小太りのパン工場の工員(浜野謙太)、凝り性だけど飽きっぽいバイクショップの経営者(青木崇高)、妻帯者の美容室のオーナー(榎木孝明)、可愛い年下の大学生(吉村卓也)と、職業も年齢もバラエティーに富んだ5人だ。ある日、親友・トシコ(杏)のオメデタ婚に触発されたチエは、運命の結婚相手について真剣に考え始める。

最初に脚本を読んだ時は、チエ役を好きになれなかったという吉高。「面白いペースで進んでいくし、勢いがある作品だなとは思いましたが、いざ自分と関わる役だと思うと好きになれなくて。人を雑に扱っているように見えたんです。後々になって、それが大人のちょっかいだと気づいたんですが。キャラクター自体も自分のテンションに合うものではなかったので、やり辛かったです」。

ところが、完成した作品を見た時、とても喜びを感じたという。「ラブコメディの出演は今回が初めてでしたが、人が自分の出演作を見て笑ってくれるのって、こんなに嬉しいことなんだと思ってびっくりしました。みんなで完成した映画をヨイショッて見たら、リアルな反応がワッショイ!って返ってきて、その反応が楽しくて。映画を見て感動したよって言われるよりは、本当に面白かったよと言ってもらう方が嬉しいですね」。

婚活に目覚めたチエが身も蓋もない本音を吐いたり、5人の相手を品定めしていく様子は爆笑ものだ。実際に、吉高の恋愛観はどうなのだろうか。「年上でも年下でも、お互いに平等な立ち位置で物事を言いたいです。相手を尊敬することは必要だと思うし、対等な目線でお互いに話ができる人じゃないと一緒にいられないと思います」。

理想の結婚観についても気になるところだ。劇中のトシコのようなオシドリ夫婦についてはどう思ったのだろう。「あれは完全にダンナが尻に敷かれてますね。普段は優しくて気を遣ってくれたりするけど、いざ災難が起こったとして、どっちが冷静でいられるかといったらトシコの方だと思います。でも、嫁がしっかりとダンナを立たせてあげる家庭って良いかもしれない。冷静ですね、トシコは。オメデタ婚に持っていったし。でも、私は好きな人の前ではバカでいたいです。くだらないことで笑っているのが一番楽しいだろうなと」。

さらに、夫婦の理想型についても聞いてみた。「いとこのおばちゃん夫婦は50代ですが、今でもダンナと手をつないで一緒にお祭りに行くし、ダンナがお風呂に入ってる時に、戸を開けてしゃべったりするんです。それって結婚してても恋愛してるじゃないですか。そういう形の夫婦もいれば、お互い全く時間が違う仕事に就いてる夫婦の家庭も見てきました。いろんな形があるにしても、その人たちに良い距離感や温度感があるのかもしれない。だから今は、何が良いとか悪いとか、具体的には言えないですね。理想は?と聞かれていつも答えているのは、振り子みたいな関係性です。常にお互い何かに触れて揺れていて、気づいたらその振り子が一緒の方向で一緒の振れ幅で揺れているのが、気持ちの良い関係性だなあと」。

最後に、今回の『婚前特急』の現場について、充実感あふれる表情でこう語った。「現場で監督とはケンカをしまくりました。でも、生意気を言えたのは、監督が本気でぶつかり、受け止めてくれたからだと思います。監督の漕いだ船は小さい船だったかもしれないけど、今回はスタッフさんも含めてみんなが一生懸命漕いでいたなと思います。すごくへこんだ時期があったり、途中で嫌になったりもしましたが、スタッフさんの笑顔を見ていたら、励まされたり、お尻を叩かれた気分になったりしました。本当に恵まれた良い現場でした」。【Movie Walker/山崎伸子】

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報