シルヴェスター・スタローンがメンズファッション界に進出

僕は服を着る時は細部までこだわる。男がコーディネートを学ぶ時、自分の面倒をしっかりと見るようになる
  • 僕は服を着る時は細部までこだわる。男がコーディネートを学ぶ時、自分の面倒をしっかりと見るようになる

シルヴェスター・スタローンが新たに設立したライフスタイルブランド「スライ」から、メンズウェアのコレクションが発表されることが明らかになった。

ブランドのイメージはスタローンが演じた二大アクションヒーローのロッキーとランボーだそうで、スライ社のマイケル・ヘンリー社長は「最終的には『ロッキー』はラブストーリーだ。『ランボー』は男臭さを見せつけるが、その一方で孤独だ。スタローンのブランドは、全ての男性の中にある反逆児の部分にも、紳士の部分にもアピールするだろう」とコメントしているとHollywood Reporterが伝えている。

スタローン本人は「僕は、自分の世代や、その上の世代にもふさわしい服にしたいと思っている」と語っており、彼が本気でファッションにこだわり始めたのは、『ランボー 怒りの脱出』(85)の後で体重が11kg落ちてからだという。「何も着られなくなって、特注で作ってもらうようになった。そして自分はこの世界が大好きだということに気づいた。僕は服を着る時は細部までこだわる。男がコーディネートを学ぶ時、自分の面倒をしっかりと見るようになる」と語っている。

スタローンのコレクションは2012年に発表される予定で、ターゲットは25歳から40歳までだそう。最初はメンズウェアと時計から始め、徐々に眼鏡、男性用化粧品、香水、靴などの分野にも進出して行くという。【UK在住/ブレイディみかこ】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報