「M-1前日に戻りたい…」、カナリア・安達の願いにピース・綾部が同情

『TSY』の舞台挨拶に登場した5人(左から中川通仁監督、福田沙紀、ピース・綾部、カナリア・安達、パンクブーブー・黒瀬)
  • 『TSY』の舞台挨拶に登場した5人(左から中川通仁監督、福田沙紀、ピース・綾部、カナリア・安達、パンクブーブー・黒瀬)

3月26日、沖縄コンベンションセンターで開催された「第3回沖縄国際映画祭」にて上映作品『TSY』のレッドカーペット&舞台あいさつが行われ、中川通成監督、出演のピース・綾部祐二、福田沙紀、カナリア・安達健太郎、パンクブーブー・黒瀬純が登場した。

『TSY』は、綾部演じるヤンキー高校生がひょんなことからタイムスリップし、そこで出会った仲間とともに自分の未来を変えようと画策する、TBS製作の“青春時空間移動ムービー”だ。

レッドカーペットに登場した福田は、「沖縄は初めてなんですが、両親のハネムーンが沖縄だったので、すごく来たいと思っていました。今日もたくさんの方が集まってくれて、マンパワーというのをすごく感じました。私も楽しんで、お客さんにも楽しんでもらって、みなさんに元気を届けられたらいいなと思っています!」と笑顔。続いてあいさつに立った安達が、「初レッドカーペットだったんですが、“吉本の水嶋ヒロ”が“日本の水嶋ヒロ”になったかな」と話すと、「記者の方のペンがピタッと止まりましたよ!」(綾部)、「今、消しゴムのほう使ったよね」(黒瀬)と総ツッコミを受け、会場を笑わせた。

その後、シアター1での舞台あいさつに5人が姿を現すと、たくさんの人で埋め尽くされた会場からは「キャー!」「かわいいー!」「綾部―!」と大歓声が。映画祭参加の感想を聞かれた綾部は、「映画祭に来てくださったみなさんはパワーがあって本当にスゴイなぁと感じました」とコメント。さらに、熟女好きを公言している綾部らしく「あと、沖縄はキレイな熟女の方が多いなと。(ビーチステージでのイベントに出演した)フラダンスの方とか本当に」と続けると大きな笑い声が響いた。

「僕は22日から映画祭に参加させていただいているんですけども、今日が一番水嶋ヒロに似てるなと」と、安達はここでも自画自賛。「だからそれ言われてないんですよ。東京の若手内部で言われてるだけなんですよ」という綾部のツッコミにもめげず、「いや、でも、本当に今日が一番似てるんで、仕上げてこれて良かったです」と話すと、根負けした(?)観客から大きな拍手が送られた。

また、「もし、タイムスリップができるならいつの時代がいいですか?」という質問では、安達が「僕は『M-1グランプリ』という大会で見事最下位になったので、その前日に戻りたい…」とポツリ。「優勝すると思ってたんだね」と同情する綾部に、「(前日の自分に)『不参加しろ!』と言ってあげたい」と返し、この日一番の爆笑をさらった。

最後に綾部は「難しく考える話じゃなくて、観るだけで元気が出るような話になっていると思います。男性も女性も楽しめる、“なんとなくホッとする”そんな感じの映画になっているので、ぜひ楽しんで観てください!」と作品をアピール。さらに「あくまでも“主役は綾部”ということを忘れないで!」と観客に念を押して舞台を後にした。【東京ウォーカー】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報