ブルーマンが和太鼓と初コラボ! 太鼓芸能集団「鼓童」とリズムで融合!

ブルーマンと太鼓芸能集団「鼓童」がコラボレーション!
  • ブルーマンと太鼓芸能集団「鼓童」がコラボレーション!

ブルーマンと日本の伝統芸能がコラボレーションしたスペシャルステージの模様を、WOWOWで5月2日(月)、3日(火・祝)の2夜連続で放送する。その中から、第1夜「ブルーマン×鼓童」の公開収録が3月29日、東京・六本木ブルーマンシアターで行われ、青い3人組のパフォーマンス集団「ブルーマングループ」と新潟・佐渡島を拠点に太鼓を中心とした伝統的な日本の音楽芸能を追及する太鼓芸能集団「鼓童」がコラボ。

ことし20周年を迎えるブルーマングループは、ニューヨークの路上で生まれ、ドラム演奏や塗料を使ったパフォーマンスなどを繰り広げ、世界各地で人気を博した。現在では東京を含む世界8都市で公演が続いている。本公演は、そんな彼らが日本の伝統芸能とコラボレーションするという試みで、今回は「リズムとリズム」をテーマに、鼓童と共演。ブルーマングループのショーの大きな見どころである力強いドラム演奏の原点は太鼓だといい、鼓童による和太鼓の響きとブルーマンの演奏するリズムが融合する。

ブルーマンの熱いショーを見た鼓童のメンバーの一人・齊藤栄一氏は、「僕もやりたかった。負けないように頑張りたい!」と語った上で、4尺(直径約120cm)もの大きさに及ぶ“平胴太鼓”を力強く演奏した。鼓童がたたく和太鼓のリズムの中に、ブルーマンの演奏が加わると、息の合った演奏は激しさを増し、またブルーマンによる和太鼓の演奏も行われ、観客を沸かせた。さらに、ブルーマンと鼓童のメンバーが入れ代わるなどコミカルな掛け合いが展開され、会場は笑いに包まれた。そのほか、バンドをバックにした演奏、塗料を使ったパフォーマンスが披露され、観客からの手拍子も巻き起こり、会場は盛り上がりをみせた。

この模様はWOWOWで5月2日(月)に放送。また、3(火・祝)の第2夜では、歌舞伎役者の市川亀治郎が、「スピン(回転)」をテーマに、ブルーマンの音楽で歌舞伎舞踊「獅子」を舞う模様が放送される。

「ブルーマン×鼓童 BLUEMAN MEETS 和太鼓」
5月2日(月)夜10:00-11:00 WOWOW(WOWOW2、3も)で放送

「ブルーマン×亀治郎 BLUEMAN MEETS 歌舞伎」
5月3日(火・祝)夜10:00-11:00 WOWOW(WOWOW2、3も)で放送

キーワード

[PR] おすすめ情報