セクシャル・マイノリティーをテーマにした『それでも花は咲いていく』の予告編が到着

「日陰であろうと、崖であろうと、一生懸命に咲こうとする花のような、みっともなくも美しい人間の姿を映画館で体感していただきたい」と話す前田健監督
  • 「日陰であろうと、崖であろうと、一生懸命に咲こうとする花のような、みっともなくも美しい人間の姿を映画館で体感していただきたい」と話す前田健監督

ものまね芸人として、また最近は俳優として活躍する前田健。この度、監督として自身の原作小説を映画化した『それでも花は咲いていく』(5月7日公開)の予告編が到着した。

2009年に初めて書き下ろした同名小説は、従来のタレント本とは異なり、セクシャル・マイノリティーの人々をテーマに、本格的な小説として話題を呼んだ。彼自身が初の脚本、監督として、自身の小説で描いた9つの短編の中から、人には言えない心の悩みを持つ3人の男たちの姿を描いた3篇「エーデルワイス」「ヒヤシンス」「パンジー」を映画化した。過去に小学生の教え子にしてはいけないことをしてしまった罪を背負いながら、自分の許されない恋愛に悩む元有名進学塾の講師だった男(仁科貴)。容姿の醜さから人に拒絶されて以来、人を避けながら他人の部屋に侵入することに生き甲斐を感じる男(滝藤賢一)。そして最愛の母親を突然失い、呆然とした時間を過ごしながら過去の母親に思いをはせる男(平山浩行)。一見、否定されそうな癖を持つ3人の男たちの、ナイーブでデリケートな問題を描きながらも、それが異常ではなく、誰にでもある心の中に隠されている悩みや問題として投影され、やがてそれが切ない気持ちに変わっていく。

前田監督はセクシャル・マイノリティーをテーマにしている本作について、「人と変わった愛の形を抱えたまま、誰に打ち明けることも叶わず、生きづらいこの世界を健気に、必死に生きていこうとする人たちの姿を3編のオムニバスで描いています。“それでも生きていかなくてはいけない”という、人の弱さと強さ、幸せと不幸せ、と言った相反するものを同時に感じることができる、他に類を見ない作品と言えるものができたと思います」と、自信を持って紹介している。【Movie Walker】

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報