AKB48宮澤佐江が都知事選で投票デビュー「ファンの気持ちが分かった」

「平成23年4月10日執行東京都知事選挙の期日前投票」に関するPRイベントに出席したAKB48の宮澤佐江さん
  • 「平成23年4月10日執行東京都知事選挙の期日前投票」に関するPRイベントに出席したAKB48の宮澤佐江さん

4月2日(土)、東京・渋谷区役所にて、「平成23年4月10日執行東京都知事選挙の期日前投票」に関するPRイベントが開催され、AKB48の宮澤佐江さんが登場。人生初の投票を行った宮澤さんは、「(AKB総選挙で投票する)ファンの気持ちが分かりました」と、緊張の面持ちで語った。

今月10日に執行される東京都知事選挙の期日前投票は、3月25日~4月9日(土)までの16日間実施。同日、宮澤さんは報道陣の前で初の選挙投票を行うと、顔をこわばらせながら「正直すごく緊張しました。小さい時、選挙のポスターに『あなたの1票が大事』というようなことを描いた覚えがありますが、昔の自分から、(その言葉を)言われている気がして、慎重に投票しました」とコメントし、「(AKB総選挙で投票する)ファンの気持ちが分かりました」とはにかんだ。

そこで報道陣に、「昨年(AKB総選挙では)9位でしたが、3回目の総選挙は何位を目指しますか?」と質問された宮澤さん。「やっぱり上位は目指したいですが…」と遠慮気味に話し、「何位でも、自分を見つめなおす機会なので、その結果をかみしめたいです」と、内心を明かした。

最後に、今回の選挙投票について宮澤さんは、「こんな風に期日前に投票できると知って、実際に投票できたことをうれしく思います」と感想を述べるとともに、「たくさんの人に積極的に選挙に参加してもらいたい」とPR。東日本大震災に対する思いも絡め、「日本はもっともっと強くなれる時。だからこそ、選挙に行ってもらいたいです」と強く語って、イベントを締めくくっていた。【東京ウォーカー】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報