5人の彼氏と付き合っている吉高由里子に、祖母「5人の男の人と?」と驚き隠せず

『婚前特急』の初日舞台挨拶に登壇した、左から浜野謙太(SAKEROCK)、吉高由里子、加瀬亮、前田弘二監督
  • 『婚前特急』の初日舞台挨拶に登壇した、左から浜野謙太(SAKEROCK)、吉高由里子、加瀬亮、前田弘二監督

5人の男性と付き合っている女性が結婚相手選びに奔走する恋愛コメディ『婚前特急』(公開中)の初日舞台挨拶が4月2日、テアトル新宿で行われ、出演者の吉高由里子、加瀬亮、浜野謙太(SAKEROCK)と、前田弘二監督が登壇した。

主演を務めた吉高は登壇すると「面白かったですか?」と観客に投げかけ、「面白かった!」と反応をもらうと、吉高がさらに「もっとちょうだい!」と要求、会場に笑いが湧き起こった。会場となったテアトル新宿で、昨年までアルバイトをしていたという前田監督は「(この映画の)脚本は4年前に書いたんですけど、今日のこんな日が迎えられて、あきらめずにやって良かったと思います。こういう形で戻って来られて良かったです」と感慨深げな表情を見せた。この日の舞台挨拶には吉高の父親、祖母が来場。緊張気味の吉高は「おばあちゃんにこの映画の紹介をしたら、『5人の男の人と?』と驚かれてしまいました。そういうシーンはないよ、おばあちゃん。良かったね(笑)」と、微笑ましい姿で祖母に呼びかけた。

撮影中に吉高は前田監督からいじめられたという話題で、吉高は「無視されていました。それが演出だったと知らなかったので、監督に嫌われているんじゃないかと思っていました。加瀬さんや浜野さんと話している時はニコニコしているのに、私が入ると笑顔が消えたり(笑)。撮影が終わった時に、私の役は起伏が激しい役なので普段からイライラを維持してほしいと思ったから、と理由を聞いて、びっくりしました」とコメント。吉高とすっかり打ち解けあった前田監督は、「チエ(吉高演じる)は間違ったら女の子に嫌われてしまいそうな役なんですけど、それをとても可愛く演じてくれて、僕の方が仕掛けたのに、反対に仕掛けられた」と、すっかり吉高の魅力の虜になったようだ。

劇中で、チエ(吉高)の仕事の愚痴を聞く包容力のあるバツイチ男を演じた加瀬は、吉高との共演を振り返り、「色々話しかけられても、話を半分しか聞いていないとか(笑)、吉高さんへの接し方は普段と同じでしたね」と明かした。見た目は良いが、性格は最悪のヒロインに扮した吉高は、「テンションが高い役だったので、とにかく疲れました。監督はすごくこだわる人で、100%は100%ではないとダメなんです。ベソかいて泣いた時に浜野さんと一緒の撮影中で、普通ならそこで慰めたりするのに、すっとセットからいなくなって酷いです」と浜野の裏の姿を暴露すると、浜野は「(その時は)すみません。音楽を聴いていました」と平謝りし、共演者も監督も吉高のマイペースに飲み込まれてしまった舞台挨拶だった。【Movie Walker】

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報