リンジー・ローハンも東日本大震災のチャリティー活動に一役

日本の被災者を助けながら、お騒がせ女優の汚名返上なるか
  • 日本の被災者を助けながら、お騒がせ女優の汚名返上なるか

世間ではお騒がせと言われているチャーリー・シーンやパリス・ヒルトンらが、いち早く、東日本大震災の被災者たちを支援するためにアクションを起こしてくれたが、今度はリンジー・ローハンが、友人らが行っているチャリティー活動に参加することで、被災地復興に一役かってくれているようだ。

実業家のクロース・ヘルムバックは、「友人の(アーティストの)ボール・パヴァに特製Tシャツをデザインしてもらい、売上金の一部を被災者復興支援にあてようと考えたんです。その話をリンジーにしたら、彼女はすぐに協力を申し出てくれました。彼女にこのTシャツをプレゼントしたのですが、彼女がTシャツを着れば、スーパーパワーでメディアからの注目が集まって地震に対する関心も高まります。米赤十字に寄付できるお金がたくさん集まると期待しています」と、米テレビ番組インサイダーなどに語っている。

リンジーといえば、現在は、宝石店から2500ドル(約20万円)のネックレスを盗んだ罪に問われている身。クロースは「リンジーはニューヨークに引っ越すための準備で忙しい最中に、キャンペーンのポスターにサインするなど、本当に協力的でした。プライベートでも大変な状況にいるのに、日本の被災者のために援助を申し出てくれた本当に優しい人です」と付け加えており、根は温かい人のようだ。被災者を助けながら、リンジーにも一日も早く立ち直ってもらいたいものだ。【NY在住/JUNKO】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報