NHK総合「祝女」の脚本家が描く、激情型ロマンチック舞台

男女の心の奥底に潜む本音が垣間見れる!?
  • 男女の心の奥底に潜む本音が垣間見れる!?

新井友香が主宰する劇団宝船の新作「愛の躯(むくろ)」が下北沢ザ・スズナリにて上演中。新しい彼氏との新生活を始めようとするヒロインの下に、ヒモと化した元彼が戻ってきてしまい奇妙な3人の同居生活がスタート。さらには、自分の親友と元彼が付き合いだし、複雑な人間関係が展開していく。

主宰者・新井は「祝女~Syukujo~」(NHK総合)の脚本を担当するなど、舞台のみならず映像でもその才能を振るい、男女の打算や機微、恋愛の裏に潜む嫉妬や羨望、野望などをたくみに描く。2人の男に揺れるヒロインを演じるのは、劇団員の高木珠里。元彼を加藤啓(拙者ムニエル/モッカモッカ)、親友役をナイロン100℃の植木夏十、新しい彼をラブリーヨーヨーの加藤雅人が熱演している。

昼ドラを思わせるドロドロストーリーや、女の情念、時折みられるコミカルな部分も魅力の劇団宝船、新井の最新作は4月7日(木)まで。

◎上演スケジュール◎4/2~7(木)
指定席:当日4800円 自由席:当日4300円

キーワード

[PR] おすすめ情報