詩情豊かに描いたアニメ『イリュージョニスト』のシルヴァン・ショメ監督からメッセージが届く

日本に向け、心強いメッセージを届けてくれたシルヴァン・ショメ監督
  • 日本に向け、心強いメッセージを届けてくれたシルヴァン・ショメ監督

1950年代のヨーロッパを舞台に、老手品師と貧しい少女との優しく切ない愛の行方を、洗練されたユーモアとノスタルジックな映像で綴るアニメ『イリュージョニスト』(公開中)のシルヴァン・ショメ監督より、東日本大震災で被災された方々へお見舞いのメッセージが届いた。

「この度の日本、そして皆さんを襲った悲劇に、私自身、深く心を痛めています。このような困難な状況の中、品位を失わない皆さんの姿に感動しています。私は知っています、春はもうそこまでやって来ていることを。そして、桜の木は再び花を咲かせるでしょう。あなたたちは素晴らしい、皆さんのことを私たちは愛しています」。

本作は、『ぼくの伯父さん』(58)の喜劇王ジャック・タチが娘のために遺した脚本を基に、世界中で賞賛された『ベルヴィル・ランデブー』(04)のシルヴァン・ショメ監督が詩情豊かに描く人生の物語だ。【Movie Walker】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報