先輩の前でポロリと余計なことを漏らしてしまった新人のあなた。“大人”な対処の仕方とは!?

歓迎会の時、先輩の前で余計なことを言ってしまったあなた。さぁ、どうする!?
  • 歓迎会の時、先輩の前で余計なことを言ってしまったあなた。さぁ、どうする!?

春です。出会いと別れが交錯するこの季節、会社の飲み会の回数も増えますよね。Walkerplusの「新生活特集」では、あなたの飲み会での“マナー力”を診断する「歓送迎会マナー力検定」を実施中。社会人としての“大人の宴会”のたしなみ方を「大人力検定」の石原壮一郎が伝授します。今日はその中から、「新人のマナー力」に関わる1題を紹介。あなたは“将来を期待させる新人君”になれるか、さっそくチェックしてみよう!

【問題】歓迎会で先輩と仕事の話をしているときに、今の職種が第一志望じゃなかったことをポロリと漏らしてしまった。微妙に困った顔をしている先輩に対して、どんなフォローを入れる?

(1)「でも、今できることを精一杯がんばりたいと思っています」

(2)「ちなみに先輩は、この職種が第一志望だったんですか?」

(3)「すみません。○○先輩の包容力のある雰囲気に、つい……」

さあ、どうでしょう。新人として最も優秀な対応はどれか、わかりますか?

正解は、こちら!

(3)「すみません。○○先輩の包容力のある雰囲気に、つい……

【石原壮一郎の解説】会社生活においては、とくに新人は、それは言わない約束です。(2)のように聞いても先輩を困らせるだけで、さらに泥沼にはまり込んでしまうでしょう。前向きな姿勢を見せつける(1)で形勢を立て直すのもひとつの方法ですが、どことなくとってつけた感じになりそうです。ここは失言を踏み台に、強引にプラスの印象を与えるのが大人の粘り腰。(3)の発言で相手を特別扱いして、ちょっぴりいい気分にさせつつ距離を縮めてしまいましょう。

どうでしたか?あなたは立派な新人君になれそうですか?

全3問の診断にトライすれば、あなたの“新人のマナー力”がわかります。新人の他にも、上司、幹事、モテを目指す人の全4つのジャンルで、あなたの宴会時のマナー力を診断中です。気になる人はWalkerplusの「新生活特集」へ今すぐGO!

監修=石原壮一郎
問題&答えは「歓送迎会マナー力検定」でチェック!

キーワード

[PR] おすすめ情報