【人気店×ラーメンWalkerコラボ麺】らーめん三吉など3店が共同開発したコラボ麺が登場

らーめん桜屋の野菜ラーメン桜屋風
  • らーめん桜屋の野菜ラーメン桜屋風

12/26発売のラーメンWalker東海が人気ラーメン店がタッグを組み、コラボ麺が完成!

まず紹介するのは、らーめん桜屋、はまゐば、らーめん三吉という昭和区の3店が共同開発したコラボ麺。

らーめん桜屋(名古屋市昭和区桜山町)からは野菜ラーメン桜屋風(¥790、夜のみ、限定30食)が登場。気軽に食べられる、万人に愛されるラーメンがテーマで、チャーシューと共にさっと中華鍋で煮込んだ野菜がメインの具材だ。チャーシューのうま味を野菜が吸い込み相乗効果を生む煮込んだ野菜がスープの甘味を引き立てている。

はまゐば(名古屋市昭和区隼人町)では、野菜味噌ラーメンはまゐば風(¥790、夜のみ、限定30食、季節ごとでメニューの変更あり)が完成。豚の背骨のダシに、カツオなどの魚介系ダシを合わせる時間差シングルスープをベースに、3種類の味噌を使用した一杯だ。味噌はコチュジャン、ヤンニンジャン、豆板醤を使用。食欲をそそる香りと深いコクがあとをひき、野菜のうま味をしっかりと引き出している。

らーめん三吉(名古屋市昭和区鶴舞)のコラボ麺は、魚介のラグーソースマジック塩らーめん(¥850)。イタリアンの「ラグー(煮込み)」をアレンジし、イカ、エビ、ホタテと香味野菜を煮込み、コク豊かでなめらかなソースに仕立てている。かの名店・中華そば 三吉の味を引き継いだ店主の川口氏が「オンリーワンの味」と自信を見せる一杯だ。

店の枠を超えて完成した珠玉のコラボ麺、ぜひお試しを!【東海ウォーカー】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報