4度目の共演となる瑛太と松田龍平が絶妙なコンビネーションを見せつけた!

映画「まほろ駅前多田便利軒」の完成披露試写会に出席した大森立嗣監督、瑛太、松田龍平、横山幸汰(写真左から)
  • 映画「まほろ駅前多田便利軒」の完成披露試写会に出席した大森立嗣監督、瑛太、松田龍平、横山幸汰(写真左から)

4月23日(土)から公開される映画「まほろ駅前多田便利軒」の完成披露試写会が4月7日、都内で行われ、出演した瑛太、松田龍平、横山幸汰と、大森立嗣監督が登場した。

同作は、累計50万部を突破している三浦しをんの直木賞受賞小説を映画化した人間ドラマ。続編の「まほろ駅前狂騒曲」が週刊文春(文藝春秋)で連載中。東京郊外にある架空の街・まほろ市を舞台に、便利店を営む多田啓介(瑛太)と、彼のところに転がり込んだ同級生の行天春彦(松田)のバツイチ30代男2人が、さまざまな事件や依頼人の家庭事情に巻き込まれていく。

「青い春」('01年)、「ナイン・ソウルズ」('03年)、「アヒルと鴨のコインロッカー」('06年)などでも共演している瑛太と松田。そんなこともあって瑛太は「元から友達ってこともありますが、最後まで緊張感があって、なおかつお芝居を楽しめました」と笑みを浮かべると、松田も「瑛太とやったことで生まれた雰囲気が映画に出ていると思います」と手応えを感じた様子。

本作で、多田と行天は共同生活をするという設定。「実際に一緒に住めるか?」と聞かれた瑛太は「意外と大丈夫かもしれない。掃除も皿洗いも好きだと聞くので。料理とかも作ってもらって、良い共同生活ができそう」とまんざらでもない様子だった。松田も「瑛太はしっかり者だから、分担とかしてうまくいくんじゃないかな」と、2人の仲の良さが伝わってきた。

最後に瑛太は「今、日本が大変な状況にあると思いますが、東京にいる皆さんに映画を見ていただいて、盛り上げていってほしいです。こういったエンターテインメントが暗くならないように皆さんで盛り上げていきましょう」とエールを送った。

映画「まほろ駅前多田便利軒」
4月23日(土)より公開

キーワード

[PR] おすすめ情報