『ニューイヤーズ・イブ』出演のジョン・ボン・ジョヴィ「日本のために特別な計画を」と宣言

日本に友達がたくさんいるというジョン・ボン・ジョヴィは、今の日本を心配している
  • 日本に友達がたくさんいるというジョン・ボン・ジョヴィは、今の日本を心配している

ゲイリー・マーシャル監督とジェシカ・ビール、ジョン・ボン・ジョヴィ、アビゲイル・ブレスリン、クリス・リュダクリス・ブリッジス、ロバート・デ・ニーロ、ジョシュ・デュアメル、ザック・エフロン、ヘクター・エリゾンド、キャサリン・ハイグル、アシュトン・カッチャー、セス・マイヤーズ、リー・ミシェル、サラ・ジェシカ・パーカー、ヒラリー・スワンク、ソフィア・ヴェルガラなど、超豪華キャスト陣による『ニューイヤーズ・イブ』(12月公開)が3月14日、ニューヨークのタイムズ・スクエアを貸し切って年越しカウントダウンを見事に再現した撮影を行った。

今まで、タイムズ・スクエアで撮影が行われたことが多々あるなかでも、カウントダウンを再現したのは今回が初めてとなる。さらに、リアリティを追及するため、昨年の年越しカウントダウンの際にエキストラを送り込み、実際のカウントダウン風景も撮影するなど、見応えたっぷりのシーンになることは間違い。

撮影現場でのインタビュー中に、「君は日本のジャーナリストだよね?」と尋ねてきたたジョン・ボン・ジョヴィは、「僕らのバンドと日本の関係はすごく長く、素晴らしい友達や、僕らを長い間応援してくれたファンがたくさんいる。だから、僕は日本のみんなのことが心配で仕方がないし、できる限り早く、僕は日本のファンのために必ず特別な何かをやろうと計画している」と、力強いメッセージを届けてくれた。ジョン・ボン・ジョヴィは、現在iTunes Storeで全世界配信された配信限定コンピレーションアルバム「SONGS FOR JAPAN」にも参加している。

また東日本大震災を受けて、ヒラリー・スワンクは「日本の皆さんが心配です。とても悲しいことだと思うし、その状況を見ていても私も言葉にならないくらい悲しい気持ちになります」と、日本の現状を気にかける言葉を贈ってくれた。

本作は一年間で最もきらびやかな夜、ニューヨークのカップルやシングルたちの絡み合う物語を通して、愛、希望、許し、二度目のチャンス、そして新たな始まりを祝福する。【Movie Walker】

キーワード

[PR] おすすめ情報