日本伝統の歌舞伎と相撲がモチーフの『カーズ2』新キャラクターたちが初お披露目!

歌舞伎がモチーフのオクニ(仮)は、東京にある歌舞伎シアターでパフォーマンスをこなしている
  • 歌舞伎がモチーフのオクニ(仮)は、東京にある歌舞伎シアターでパフォーマンスをこなしている

天才レーサーとおんぼろレッカー車のコンビによるアクションアドベンチャー『カーズ2』(7月30日公開)の新3キャラクターが世界初公開となった。

新キャラとしては既にレーシングカーのシュウ・トドロキが紹介されていたが、今回新たに世界初公開となったキャラクターたちは、オクニ(仮)、キングピン・ノブナガ(仮)、ピニオン・タナカ(仮)。オクニは日本の伝統芸能の1つ、歌舞伎がモチーフ。マイクロカーの歌舞伎ダンサーで、伝統的な白塗りの顔と優雅でカラフルな着物を身に着け、東京にある歌舞伎シアターでパフォーマンスをこなしている。相撲をモチーフにしたキングピン・ノブナガとピニオン・タナカは金のペイントを施したマイクロバンで、キングピン・ノブナガは幸運の紫のマワシをつけ、ピニオン・タナカは緑色がかった青いマワシをつけ土俵上の相手を威嚇する。

ピクサー設立25周年記念作品となる本作。天才レーサーのマックイーンと、おんぼろレッカー車のメーターは、ホームグランドであるラジエーター・スプリングスを飛び出し、グランプリレースに出場のために訪れた日本で巨大な陰謀に巻き込まれ、フランス、イタリア、イギリスと世界を舞台に絆を武器にして陰謀に立ち向かう。劇中では日本語アナウンスと共に日本の空港や、平仮名、カタカナの入り混じる看板から電気街と思われるスポットが続々と登場し、見慣れた日本風景に夢中になるだろう。【Movie Walker】

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報