大森立嗣監督が三浦しをんの人気小説を映画化! 瑛太×松田龍平を主演に迎えた作品が4/23(土)公開!

「幸せを実感しながら生きることはすばらしいと思う」と、不安がはびこるいまだからこそ、より心に響くメッセージを寄せてくれた大森監督
  • 「幸せを実感しながら生きることはすばらしいと思う」と、不安がはびこるいまだからこそ、より心に響くメッセージを寄せてくれた大森監督

便利屋を営み、互いにつかず離れずの距離を保つバツイチ男2人がワケありの客との交流を通じて“幸せ”について見出していく姿を描いた三浦しをんの人気小説「まほろ駅前多田便利軒」。そんな本作を若手実力派俳優・瑛太と松田龍平を主演に迎え、映画「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」('10)の大森立嗣監督が映画化。作品はもちろん、いまの世の中に対して抱える思いまで、大森監督が語ってくれた。

─前作「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」を始め、骨太な人間ドラマで定評のある大森監督ですが、今回、ハートウォーミングな原作の映画化ですが…。

「今回の心温まる話は僕にとって挑戦でしたね。原作はキャラクターもそれぞれがしっかりと際立っているし、短編が連なったものなんで、映画としてどう見せるのかも考えましたね。小説を根幹に、僕の作品への愛情をセリフにどう散りばめるのかなどは脚本を書く上で考えました」

─主演に瑛太さんと松田龍平さんのお2人をキャスティングされたポイントは?

「2人はこれまでに4回共演しているんですが、がっちりと共演したことはないんですね。2人とも、いまでは結婚をして子どももいて、若くてカッコいいだけじゃない“だらしなさ”も表現できる年齢になり、俳優としてもう一皮むけた彼らを見たいと思っていたんです。そんな時にちょうど、この作品の話があって“いいタイミング”だなって」

─瑛太さんと松田さんのやりとりの絶妙な“間”が印象的だったんですが、特に演出されたことは?

「もちろん、台本には『……』とか“間がほしい”ということは書いているので、なんとなくは2人にも伝えるんですが、あとは基本的におまかせでしたね。私生活で仲良しの2人ですが、撮影現場では1人の俳優として、すごく自然に役の微妙な距離感を演じてくれたから、僕も安心して見ていられました。特に、瑛太演じる多田が過去を吐露するシーンがうまくいかなかったら、きっとこの映画は失敗していたと思います」

─今回、主題歌をくるりが、音楽をくるりの岸田繁さんが担当されているのも、音楽ファンにとってはとても注目ポイントです。主人公2人のなにげない日常にとけこむ音楽で、映画を観ていてスッと入ってきました。

「まず、今回の音楽はかわいい感じにしたかったんですね。それで脚本を書いている時に、ちょうどくるりの音楽を聴いて、かわいらしさを感じてお願いをしたんです。岸田君にはまずまったく音の入っていない作品を観てもらって、“シーンを説明するような音楽じゃないもの”とリクエストをしたんですが、最初に聴かせてもらった曲ですでに僕がイメージしたものがほとんど出来上がっていましたね」

─今回、大森監督にとって“新境地”といえる作品になりましたが、この作品に対する思いを教えてください。

「いま、個人主義が発達していますが、それに耐えられずに“愛されたい”とか“寂しい”という思いは強くなっていると思うんです。主人公が依頼人の人生に踏み込むように、一歩自分の領域に他人が入ってきて、そのおせっかいによって救われたりもするものだし、きっと世の中ももっとよくなっていくはず。どうすれば幸せを感じられるのか考えてもらえるとうれしいですね」

【取材・文=リワークス】

■MOVIE
「まほろ駅前多田便利軒」
監督・脚本:大森立嗣 原作:三浦しをん 主題歌:くるり
出演:瑛太 松田龍平 片岡礼子 鈴木 杏 本上まなみ 柄本 佑 横山幸汰
(’11アスミック・エース)上映時間:123分
※4/23(土)より梅田ガーデンシネマほかにて公開
公式サイト:http://mahoro.asmik-ace.co.jp/

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報