ようこそ、ジョージの部屋へ!『パラダイス・キス』スピンオフドラマで向井理「おふざけだなあ(笑)」

向井理は今回のスピンオフドラマを「映画では描かれていなかった、パラキスメンバーの関係性が垣間見られる」と紹介
  • 向井理は今回のスピンオフドラマを「映画では描かれていなかった、パラキスメンバーの関係性が垣間見られる」と紹介

ファッション業界を夢見る若者たちの姿を描いた『パラダイス・キス』(6月4日公開)の公開に先駆け、KDDIが配信するauユーザー向けの映像コンテンツ配信プロジェクトLISMOドラマ!で、スピンオフドラマ「パラダイス・キス アフタースクール」が作られた。

本作の脚本・監督を務めるのは「THE3名様」の福田雄一。映画出演者の向井理、五十嵐隼士、大政絢、賀来賢人が脱力系コメディに挑戦し、映画では描かれなかった意外な一面を披露している。

ジョージ(向井)は“Paradise Kiss”という服飾ブランドを立ち上げ、専門学校一の天才デザイナーと称えられる才能の持ち主だ。だが一方で、“金持ち過ぎる金持ち”であるがゆえに、時に世間離れ、常人離れした言動で周囲を振り回すチャーミングな一面を併せ持つ。今回のスピンオフドラマは、そんなジョージの超高級マンションを舞台に、ジョージとパラキスメンバーたちの日常をシチュエーションコメディで描き出している。

脚本も担当した福田監督は「僕がジョージ、向井くんにやってほしいことの羅列が、このドラマにはあります(笑)。撮影前に想像していた以上に向井くんが面白かった。(カップ焼きそばの)湯切りとかしてくれて、貴重な姿が見られましたね」と、非常に満足げに話してくれた。撮影中は監督の笑い声が絶えず、リラックスした雰囲気の現場となったそうだ。福田監督の様々な要求に答えながら撮影を行った向井は、「初めて脚本を読んだ時は良い意味で、おふざけだなあと(笑)。撮影中はみんなとの掛け合いが楽しかったです」と、撮影を楽しんだようだ。

性別は男だが女性の心を持つイザベラを演じる五十嵐は「リハーサルでは嵐(賀来)との会話劇の掛け合いで、どんどん盛り上がってきちゃって、一瞬イザベラを忘れてしまうことがあった」と、楽しすぎるがゆえに我にかえってしまうこともあったという。本作のクランクアップから4ヶ月ぶりのパラキスメンバーでの撮影に、実和子役の大政は「撮影現場に入ったらすぐに『この感じ!』と思い出しながら、楽しく撮影させていただきました」と、メンバーとの再会を喜んでいた。

嵐役として出演した賀来が「脚本を読んだ時に絶対面白いドラマになると思いました」と、胸を張っている本スピンオフドラマは、「ようこそ、ジョージの部屋へ」をキーワードに、「ジョージのバカ広いマンションでモデル選びの巻」「ジョージのバカ広いマンションで打ち合わせ後の巻」「嵐と実和子、初めてジョージのバカ広いマンションに来たの巻」「ジョージのバカ広いマンションでランチの巻」の全4話で構成。5月6日(金)より毎週金曜日の配信となっている。映画の本公開の前に、是非とも脱力系(?)スピンオフドラマを楽しんでもらいたい。【Movie Walker】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報