小栗旬がカッパ姿、山田孝之は星のかぶり物姿に!?

体当たりで演じたカッパ姿の村長を披露した小栗旬
  • 体当たりで演じたカッパ姿の村長を披露した小栗旬

毎日放送、TBS系で7月よりスタートするドラマ「荒川アンダー ザ ブリッジ」に小栗旬と山田孝之が出演することが発表された。

「荒川アンダー ザ ブリッジ」は、「ヤングガンガン」に連載中の中村光による人気漫画。荒川の河川敷を舞台に、人に借りを作らずに生きてきた大会社の御曹司・市ノ宮行(通称:リク・林遣都)と自称“金星人”の電波系美少女・ニノ(桐谷美玲)を中心に展開する新感覚の“下町電波系ストーリー”だ。ひょんなことから荒川に住むことになったリクは、“元傭兵”という肩書きを持つシスター(城田優)ら河川敷に住む超個性的な住人たちと共同生活を始める。小栗は、カッパの着ぐるみで荒川に住み、男気と人望を兼ね備えるできた男・村長を演じる。また、山田は考え方も行動も全てがロックな元人気イケメンロッカーで、ニノに好意を寄せる・星として出演する。ほか、サディストの牧場主・マリアを片瀬那奈、ドジっ子の農場主・P子を安倍なつみ、リクの父親である一ノ宮財閥社長・積を上川隆也、国土交通省大臣・高屋敷を高嶋政宏が演じるなど、超豪華キャストが集結している。

小栗は「村長は本当にやりたくてやらせていただいた役でしたが、実際は暑い日も寒い日もウエットスーツはきつかった。顔にのりを付けまくって、汗をかきまくった時の内側の不快感といったらたまらないし、顔から爪先までかかるストレスがあんなに大変だとは思いませんでした。最終日に林くんと相撲をとってクランクアップしましたが、その後にメークとウエットスーツを脱いだら、体中から湯気が出ました」と苦労が絶えない撮影を振り返りつつも、「パート2ができたらいいなと思うぐらい、面白い物ができたと思います」と出来栄えに自信たっぷり。

また、小栗に「やってほしい役がある。俺はカッパやるんだけど、お前星やらない?」と誘われたという山田は「僕もカッパがいいなと思ったんですが、漫画を読んでみて、星のキャラクターが面白かったので、すぐに“やる”と答えました」と出演を快諾。だが、撮影では小栗同様苦労が絶えなかったようで、「最初はキャラクターを演じるのが楽しかったけど、それがかき消されるくらい、つらかったですね…」と振り返り、「星のかぶり物は、頭がかゆくてもずっとかけない。顔も塗っているので粉じんがすごいのにマスクもできず、鼻もかめず、すすり続けていました」と通常のドラマや映画では考えられない苦労話を。

また、上川や高嶋といったベテラン俳優の出演にも注目。二人は「現場にキャラクターに扮(ふん)した俳優たちが一堂に会したシーンでの興奮は、未だに忘れられません。その再現度は、まさに“原作そのまま”でした。とんでもない作品が誕生する瞬間に立ち会っていることへの興奮だったのかもしれません。皆さんもぜひ劇場で興奮してください(笑)」(上川)、「部屋でひとりで台本を読んでいても声を出して笑ってしまうほど、面白い作品に参加できて、最高にうれしかったです。うれし過ぎて、すぐ(飯塚健)監督に会わせてもらってお礼を直接言いました」(高嶋)とそれぞれコメントしており、出演者たちが楽しんで臨んでいることが伝わってくる。写真のインパクトを超える、出演者たちの熱い演技が期待される。

ドラマ「荒川アンダー ザ ブリッジ」
7月26日(火)スタート
毎週火曜夜0:55-1:25 TBSで放送
7月30日(土)スタート
毎週土曜夜0:30-0:58 MBSで放送

映画「荒川アンダー ザ ブリッジ」
'12年2月公開予定

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報