食後のイヤ~なニオイを撃退!“弁当箱専用”スプレー登場

“お弁当派”の人々の要望を受けて開発された「お弁当箱のニオイを抑えるスプレーCH861」。食後の弁当箱にプッシュするだけで臭いが抑えられ、緑茶の爽やかな香りが広がる
  • “お弁当派”の人々の要望を受けて開発された「お弁当箱のニオイを抑えるスプレーCH861」。食後の弁当箱にプッシュするだけで臭いが抑えられ、緑茶の爽やかな香りが広がる

健康志向や節約志向の高まりから職場や学校に手作り弁当を持参する人が増えている昨今。そんな“お弁当派”の悩みのひとつといえば、食後洗わずに放置した弁当箱から漂う不快な臭いだろう。この度、そんな悩みを解消してくれる便利なスプレーが登場した。

生活用品の製造・販売を行うアズマ工業から発売された「お弁当箱のニオイを抑えるスプレー CH861」(580円)は、その名の通り、食後のお弁当箱にプッシュするだけでイヤな臭いを抑えられる新商品。長さ9.5cm×直径2cmのかわいい容器で、カバンの内ポケットにすっぽり収まるコンパクトなスプレーだ。

「日ごろ家事をしない男性などの中には、お弁当箱を洗わず持ち帰る人も多く、そうした方からの要望により本商品を開発しました」と語るのは、同社・お客様相談室の門奈義彦さん。

“ニオイ撃退”の仕組みが気になるところだが、そのポイントになっているのが、緑茶から抽出された天然由来のエキス。「緑茶のエキスに含まれるフラボノイドが、肉や魚の腐敗臭のもととなる『トルメチルアミン』を抑えます」と門奈さんは説明する。さらに、このスプレーの消臭効果を一層高めているのが、天然バクテリアの働き。天然バクテリアの自浄作用によって、長い時間に渡って消臭効果が持続する。門奈さんによれば、「お弁当箱全体に行き渡るよう、4、5回プッシュするだけで、8時間ほど消臭効果が持続します」と言い、弁当箱のサイズにもよるが、1本で約60回使用可能とのこと。緑茶エキスもバクテリアも天然由来の成分なので、健康に害なく、安心して使用できる。

何かと臭いに敏感になりがちな季節だけに、需要の高まりそうな本商品。同社の運営するウェブサイト「お掃除とアイデア雑貨の快適百貨」(http://www.luck-at.com/)で購入できるほか、今後ドラッグストアや雑貨量販店などにも並ぶ予定だ。このスプレーで、春先の臭い対策を講じてみては?【東京ウォーカー】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報