ウィルコム沖縄、新イメージガールに真玉橋さやが就任!ヒガリノも名誉イメージガールに

イメージガールのバトンタッチを行った真玉橋さや(左)とヒガリノ(右)
  • イメージガールのバトンタッチを行った真玉橋さや(左)とヒガリノ(右)

PHS通信会社「ウィルコム沖縄」は4月16日、沖縄県那覇市の「イオン那覇店1F」にて「新イメージガール発表会&ヒガリノ イメージガール卒業式」を開催。約2年、同社の顔として活躍したヒガリノ(18)と、初の一般公募で約400人の中から選出された6代目イメージガールの真玉橋(まだんばし)さや(16)がそろって出席し、同社イメージガールの“バトンタッチ”が行われた。

新イメージガールの真玉橋は、八重歯とポニーテールが印象的な沖縄市出身の現役高校2年生。昨年12月から行われていたオーディションで、約400人の応募の中から“明るく笑顔の似合う女性”という選考基準で選ばれたニューフェイス。すでにCM撮影などは済んでいるが、本格的な芸能活動は今回のイベントが初めてとなる。

壇上に上がった真玉橋は「自分がイメージガールに選ばれたことに、今実感が沸きました。びっくり」と詰め掛けたファンを前に驚きの表情。新イメージガール就任にあたり、認定証やトロフィー、そして同社の社員と同じ名刺を受け取り、「プレッシャーは大きいですが、自分なりに楽しく、精一杯やっていくので応援よろしくお願いします!」と緊張しながらも持ち前の明るさで元気にあいさつした。

一方、高校卒業と同時に活動の舞台を東京へ移し、イメージガールを卒業するヒガリノ。だが、壇上で急きょ“名誉イメージガール”に就任することがサプライズで発表されると「卒業式って聞いていたのでうれしいです。東京に進出するのですが、沖縄は大好きな故郷で宝物。これからも沖縄を大事にして頑張っていきます。全国区になります(笑)」と大きな花束を胸に、笑顔で飛躍を誓った。

今後のテレビCMやポスターなど広告活動は真玉橋が行っていくが、「タイミングを見て真玉橋、ヒガリノの共演CMも検討している」(オーディション運営事務局事務局長・玻名城均氏)という。真玉橋出演の新CMは現在県内でオンエア中。ヒガリノのブレークにより、新たなアイドル登竜門になったとも言える同社イメージガール。フレッシュな真玉橋の今後の活躍に大きな注目が集まる。【東京ウォーカー】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報