1食660円! 黒毛和牛使用“究極のお取り寄せ牛丼”食べてみた

6食入り(ライスは付いてない)で3980円。 冷凍のまま5分程度沸騰した湯で湯煎すればできあがりだ。購入は「極肉.com」【HP】gokuniku.com/から
  • 6食入り(ライスは付いてない)で3980円。 冷凍のまま5分程度沸騰した湯で湯煎すればできあがりだ。購入は「極肉.com」【HP】gokuniku.com/から

チェーン店では200円台が一般化するなど、低価格競争が激しい牛丼界。そんななか、最高級黒毛和牛を使い、6食セットで3980円という“お取り寄せ牛丼”が登場した。赤身と脂が緻密に交差する、黒毛和牛で牛丼を作ったらどんだけうまいんだろう!? …肉好きなら一度は妄想したはずの“究極の牛丼”だけに、早速取り寄せて食べてみた。

「金の肉めし」と名付けられたこの牛丼、実際に食べてみると、とにかく肉がうまい! ふっくらとしたそれはかめば赤身のうま味、脂の甘味が口中に広がる。柔らかでしっとりとした舌触り、ふくよかで甘ーい肉汁…。庶民の味方・牛丼チェーンでは味わえない“口福”は、最高級黒毛和牛バラ肉のなせる業というほかない。

さらに煮含めたダシの甘いこと深いこと! 聞けば、甘味はタマネギやニンジンといった野菜から、深さは最高級黒毛和牛のサーロイン、ザブトンといった部位の牛脂をダシに入れ込むことで生むのだとか。具材は牛バラとタマネギと至ってシンプルで、だからこそ素材のすばらしさが一層際立ってくるのだ。

それもそのはず。「金の肉めし」を作ったのは、黒毛和牛の精肉卸「(株)ヤザワミート」なのだ。「ミート矢澤」(ステーキ&ハンバーグ)「ホルモン稲田」(ホルモン焼)「ブラッカウズ」(ハンバーガー)…。A5クラスを中心とした最高級黒毛和牛で一世を風靡するこれら店舗の大本が、このヤザワミートであることは知る人ぞ知る話。そこがホンキで“お取り寄せ牛丼”を作ったのだから、このうまさにも納得だ。

6食セットで3980円、1食当たり663円と、一般的に見ると強気の価格設定もこの内容なら納得。むしろCPは抜群と言える。3食はストレートに味わい、残りはチョイ足しして楽しむのも大いに結構。さっぱりいくならガリ、風味を楽しむなら白ゴマ、定番のネギや温玉ももちろん相性がいい。

日本古来の素材を日本の匠が作ったこの傑作。販売は4月12日からWEB通販(「極肉.com」http://gokuniku.com/)で開始されている。あなたの“牛丼観が変わること請け合いだ。【東京ウォーカー】

キーワード

[PR] おすすめ情報