累計売上台数200万台の大ヒット!“マッサージクッション”人気の秘密とは?

大阪府に本社を置く「アテックス」から販売されている「ルルドマッサージクッション」(7800円)の累計売上台数200万台突破の大ヒット中だ
  • 大阪府に本社を置く「アテックス」から販売されている「ルルドマッサージクッション」(7800円)の累計売上台数200万台突破の大ヒット中だ

5月8日(日)の「母の日」まで約3週間を切り、そろそろ「プレゼントどうしよう?」と悩んでいる人も多いのでは? そんな「母の日」のギフトにもぴったりな“マッサージクッション”が、月20万台のペースで売れる商品も出るほどの大ヒット中だ。月10万台売れれば“大ヒット”とされるマッサージ機器で、その2倍もの売上を誇るこの商品の人気の秘密はどこにあるのだろうか?

大阪府に本社を置く、折りたたみベッドや健康機器、マッサージチェア等の開発・製造を行うメーカー「アテックス」は、2009年9月より「ルルドマッサージクッション」(7800円)の販売を開始。一見、ピンクや茶色などナチュラルな色合いや水玉などのかわいらしい柄のクッションだが、4つの“もみ玉”と2つのヒーターが内蔵されており、座ったり、もたれかかったりするだけで凝り固まった筋肉を温め、ほぐしてくれる優れモノだ。

実際に購入した人に感想を聞いてみると、「場所、向き、姿勢をその時の気分で自在に変えられるので、ちょっとリラックスしたい時に、テレビや雑誌を見たり、音楽を聴きながら、マッサージの時間を楽しんでいます!」と、様々な用途に応じて使用できるのが大きな魅力のようだ。

また、ヒットの要因はそのデザイン性の高さにもある。「若い方でもコリを感じる人はたくさんいるはずなのに、マッサージ機となると年配をターゲットとしたデザインや、マンションなどには向かない大きさのものばかりということに目をつけ、リビングにあって邪魔にならず、アクセントになるようなデザインの“マッサージクッション”を開発しました」と、開発担当者が話すように、従来のマッサージ機器のイメージにはそぐわず、若い女性の部屋のインテリアにあっても不自然でないようなキュートなデザインだ。

この「ルルドマッサージクッション」は、発売以来じわじわと個人ブログやtwitterなどのクチコミで広がり、昨年の11月についに100万台を突破。その後も右肩上がりで売上台数は伸び、クリスマスや年末年始の“ギフト需要”からか翌12月にはなんと月30万台を売上げ、今月10日についに累計売上台数200万台を達成したという。

さらに、“マッサージクッション”人気は同商品だけにとどまらず、昨年12月には健康器具などを扱う「ツカモトエイム」からも人気のスイーツ・マカロンの形をした「マカロンマッサージクッション」(7800円)が発売。そのキュートなデザインから若い女性を中心に、好調な売れ行きを見せている。「昨年あたりから、使い心地はもちろん、見た目がかわいらしい“マッサージクッション”が注目を集めています。ギフトとして購入する方も多いですね」と、同社広報・柳下さん。やはり、高い機能性とデザイン性が、“マッサージクッション”人気の秘密のようだ。

ギフトとしても最適な価格帯なので、まだ「母の日」のプレゼントが決まっていない人は、参考にしてみては? 【東京ウォーカー】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報