ブラッド・ピット、過去にハンガリーでフィアンセに振られて開眼

モテ男のブラピにも過去には苦い経験があった
  • モテ男のブラピにも過去には苦い経験があった

ブラッド・ピットがアンジェリーナ・ジョリーと交際し始めて早6年。過去にはいろんな恋愛経験をしているブラッドも今では6人の子供の父親になってすっかり落ち着いたようだが、モテ男にも過去にはかなり苦い経験があったらしい。

ブラッドは、1988年に元女優のジル・ショーレンと交際し、婚約までしていたが、「婚約して3ヶ月経った翌年、ジルが映画の撮影現場だったハンガリーのブタペストからロサンゼルスにいる僕に電話をしてきて泣かれたんだ。彼女は本当に寂しくて何かあったみたいだったから、所持金はたったの800ドルしかなかったんだけど、600ドルで飛行機のチケットを買ってすぐに会いに行ったんだよ。撮影現場に直行して彼女と夕食を食べに行ったら、『監督と撮影中に恋に落ちたの』って告白されたんだ。本当にショックだった。『じゃあ僕は帰るよ』って言って、その翌日にその場を立ち去ったんだけど、振られるために会いにいったなんてね」とザ・サン紙に語っており、今でもブタペストは彼にとって苦い思い出の場所になっているようだ。

「でもその時に辛い思いをしたおかげで、その後は常に自分の置かれている立場に感謝できるようになった」という。

ブラッドのキャリアは、大ブレイクするきっかけになった『テルマ&ルイーズ』(91)まであまりぱっとしなかったため、当時は恋愛の方もぱっとしなかったわけだ。しかし、その後の女性関係は、ジュリエット・ルイス、グウィネス・パルトロー、ジェニファー・アニストン、そして世界で最も美しい女性の一人であるアンジェリーナとは現在進行形といった具合にどんどんグレードアップしており、苦い経験が本当に役に立ったようだ。【NY在住/JUNKO】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報