『犬飼さんちの犬』主題歌はSEAMOが愛犬との思い出を綴った「ワン☆ダフル」に

『犬飼さんちの犬』の主題歌を担当するSEAMO
  • 『犬飼さんちの犬』の主題歌を担当するSEAMO

小日向文世が主演を務める、犬嫌いの父が家庭内での居場所を賭けて犬と戦うコメディ『犬飼さんちの犬』(6月25日公開)の主題歌に、SEAMOの新曲「ワン☆ダフル」が決定した。

犬飼という苗字ながら、実は大の犬嫌いの主人公(小日向文世)と、単身赴任中に家族がこっそり飼った犬・サモンとの一家の主人の座をめぐって巻き起こる騒動を描く本作。

同曲は、愛犬家として知られるSEAMOが、幼い頃に飼っていた犬への思いを歌詞に乗せた楽曲だ。家族の一員として愛情を注いだ子犬が成長し、事故で足を失い、最期の時を迎えるまで、共に生きた日々を情感たっぷりに綴った内容は、犬やペットを飼った経験のある人なら誰でも覚えのあるエピソードや、ペットと一緒に過ごす幸せな気持ちにあふれている。犬嫌いの主人公、という設定ながら、実は大の犬好きで、自らもトイプードルを飼う小日向が、撮影現場で初めて聞いたこの曲に一瞬でほれ込み、「主題歌はこの曲しか考えられない!」と、プロデューサーに強力推薦して起用が決まったそうだ。実写映画の主題歌は初めてというSEAMOも「この曲は、飼っていた犬に対する思いを歌った、すごくプライベートな歌なので、発表できる機会もないかなと思っていました。まさか犬の映画の主題歌に決定するなんて、本当に夢のようです」と、主題歌起用の喜びのコメントを寄せている。

また、東日本大震災の被災地では、愛犬に命を助けられた女性のエピソードなど、辛い状況の中でも心温まるニュースが報道されており、SEAMOも「今は目を背けちゃいけない現実がある。犬は人間を助けてくれるパートナー。何とかしてあげたいと思う」と、胸の内を吐露。

現在、本作の公開に先がけ、放映中の連続テレビドラマ版「犬飼さんちの犬」(東阪名独立U6局ほか全国9局ネット+ひかりTV)番組内で、4月1日よりオンエアされる映画版特報にて、主題歌「ワン☆ダフル」の一部が公開されているほか、本作の公式サイトでも特報の視聴が可能。同曲は今夏発売、公開に合わせて配信が予定されている。【Movie Walker】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報