歌手デビューのオスカー俳優ジェフ・ブリッジスのサイン入りギター、日本支援オークションで落札間近

今夏から歌手としても活動するジェフ・ブリッジス
  • 今夏から歌手としても活動するジェフ・ブリッジス

現地時間4月11日から21日まで、EMIグループによる東日本大地震の被災者支援のオークション第2弾が開催されているが、20日現在、ブルーノート・レコードから正式な歌手デビューが決まったジェフ・ブリッジスのサイン入りギターが、1215ドル(約10万円)で入札されていることがわかった。

『クレイジー・ハート』(09)で落ちぶれた歌手を演じたジェフは、演技力とギターの腕前を披露してアカデミー賞主演男優賞を受賞しているが、被災者支援のためのeBayに出展されているギターは、プロのシンガーのものでも数百ドルという入札額のものも多く、今夏から歌手としての新たなスタートを切る新人のギターとしては、なかなか良い値段がついたと言えそうだ。

www.aceshowbiz.comなどによれば、5日から開催されている同オークションには、EMIグループに所属する世界中のアーティストたちが記念品や所持品を200アイテム以上オークションにかけており、5日から15日まで開催された第1弾では、コールド・プレーのクリス・マーティンが2010年Viva La Vidaワールドツアーで着用したジャケットやジェーン・バーキン所有のエルメスのハンドバック“バーキン”などが高値で落札されている。

今回は5月に来日が決まったケイティ・ペリーがCalifornia Dreamsワールドツアーで使用したカップケーキ型のトランポリンが現在1860ドル(約15万4千円)、ダフト・パンク監督作『Electroma』(06)で使用された1987年型フェラーリ412が現在25337ドル(約210万)などがあり、EMIグループはこれらの収益の100%を日本赤十字社を通じて義援金として寄付するほか、収益金と同等額(最高100万ユーロ)を合わせて寄付することを発表している。【NY在住/JUNKO】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報