「攻殻機動隊」と並ぶ士郎正宗の傑作!「アップルシード」新作が遂に登場

美しきヒロイン・デュナンがスクリーンで活躍!
  • 美しきヒロイン・デュナンがスクリーンで活躍!

全国9館での公開ながら、リピーターを生み、大ヒット中のSFアニメ『攻殻機動隊 S.A.C. SOLID STATE SOCIETY 3D』(公開中)。5月7日(土)からは27館で拡大上映される同作とおなじ原作者・士郎正宗のもう一つの代表作「アップルシード」が、全13話の「アップルシード XIII(サーティーン)」としてCGアニメ化され、6月よりネット配信およびDVD&BDリリースが決定。同時に6月13日(月)より前半エピソードをリミックスした『アップルシード XIII 遺言』が劇場公開されることになった。

「アップルシード」は、これまで『APPLE SEED アップルシード』(04)、『エクスマキナ』(07)がCGアニメとして二度映画化されたが、今作はそれらの続編ではなく完全な新作シリーズとなる。より原作に近いキャラクター描写と緻密な描き込みにこだわった、CGによる動くコミック的表現に挑んだ作品だ。優秀なクローン人間“バイオロイド”が築いた人工都市オリュンポスを舞台に、特殊部隊ES.W.A.T.のデュナンと相棒のサイボーグ・ブリアレオスが、人類の未来をバイオロイドに委ねる計画下で巻き起こるテロリストの陰謀に対峙していくというストーリーが展開される。

監督はノイタミナ枠で放送されたアニメ「図書館戦争」などの浜名孝行。脚本と設定には「攻殻機動隊」シリーズを手がけたProduction I.Gのスタッフが参加する。また今作でのデュナンの声は、ナタリー・ポートマンらハリウッド女優の日本語吹替でも活躍する坂本真綾、ブリアレオスの声を『エクスマキナ』に続き山寺宏一と、それぞれ人気と実力を兼ね備えた声優が担当するので、こちらも注目ポイントだろう。

次々とハイクオリティな表現方法で映像化される士郎正宗ワールド。「攻殻機動隊」に続き「アップルシード」でも、一度はまったら抜けられない、その広大な世界をじっくり体感してみてほしい。【トライワークス】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報