結婚ほやほやの松山ケンイチが二宮和也と『GANTZ』後編の舞台挨拶

結婚ほやほやの松山ケンイチが『GANTZ PERFECT ANSWER』をPR
  • 結婚ほやほやの松山ケンイチが『GANTZ PERFECT ANSWER』をPR

累計1600万部を超える奥浩哉のSFアクションコミックを実写映画化した、2部作の後編『GANTZ PERFECT ANSWER』。本作の初日舞台挨拶が、4月23日に有楽町のTOHOシネマズスカラ座で開催され、二宮和也、松山ケンイチ、吉高由里子、本郷奏多、綾野剛、田口トモロヲ、伊藤歩、山田孝之、佐藤信介監督が登壇した。4月1日に小雪と結婚したばかりの松山は、そのことについては触れず、映画のエピソードや二宮との共演の感想を語った。

死んだはずの人間が、黒い謎の球体“GANTZ”によって召集され、異形の“星人”との戦いを強いられるという本シリーズ。後編では、戦い続けようとする玄野計(二宮和也)と、戦いを否定する加藤勝(松山ケンイチ)が、極限状態で究極の選択を迫られる。

主人子・玄野計役の二宮和也は「この結末に向かい1年半かけてみんなで走り続けてきました」と充実した表情で挨拶すると、加藤勝役の松山ケンイチも「長いスパンで撮られた映画で、宣伝活動もいっぱいやってきました」と語った。重田正光役の山田孝之は、舞台挨拶のムードメーカーらしく「お足元の悪い中、山田も頑張ってきました(会場爆笑)」と挨拶した後、「酒気帯びでの挨拶となりました。昨日打ち上げで打ち上げすぎちゃいましたが、そこは温かい目でお守り、お守り??ください」とうつろな目で話し、会場は爆笑に包まれた。

二宮は松山と共演した感想を聞かれ、「またしたいなって思います。一生のうちに共演って何回かしかないので。すごく楽しかったし」と語ると、松山も「二宮さんに頼りっぱなしだったけど、そう言っていただけて嬉しいです。僕も機会があれば是非またご一緒したいです」と語った。その後に語った、ヒロイン・小島多恵役の吉高由里子がユニークだった。そんなふたりを見て、「主演のおふたりがこんなに仲が良いのってうらやましいですね。では、それを“私の気持ちでお願いします”」と、二宮にバトンタッチ。二宮は「すごく楽しかったです。多恵というキャラクターが浸透していく。それを狙ってましたので」と、吉高に変わってコメントすると、会場から拍手が。吉高は満足しながら「先生、ありがとうございました」と笑顔で礼を言った。

前編『GANTZ』(11)は、興行ランキングで4週連続1位を記録し273万人を動員、興行収入34億円を突破した大ヒット作だ。西丈一郎役の本郷奏多は、「前編を5回見て、昨日のドラマも見て、(試写で)後編を2回見て、今“8GANTZ”です」と、本作の熱狂的なファンであることを強調していたが、会場にも10回以上見たというリピーター客が何人もいたことにびっくり! 後編もGW映画として大ヒット必至である。原作とは違う衝撃のオリジナルラストをあなたはどう受け止めるのか!? そこも大いに期待してほしい。【取材・文/山崎伸子】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報