『まほろ駅前』続編に意欲満々!? 瑛太&松田龍平がゆるゆるな舞台挨拶

瑛太、松田龍平、大森立嗣監督が登壇し、公開初日を迎えた喜びを語った
  • 瑛太、松田龍平、大森立嗣監督が登壇し、公開初日を迎えた喜びを語った

東京郊外に位置するちょっと変わった街“まほろ市”を舞台に、便利屋を営むふたりのバツイチ男と住民たちの交流を描いたヒューマンドラマ『まほろ駅前多田便利軒』の初日舞台挨拶が4月23日、有楽町スバル座で行われ、出演者の瑛太、松田龍平と大森立嗣監督が登壇した。

映画化された『風が強く吹いている』(09)をはじめ、多数のヒット作を手がける人気作家・三浦しをんの直木賞受賞作を基に作られた本作。大森監督は開口一番、「最高の原作と最高のキャスティングで、素晴らしい作品を作ることができました」と、公開を迎えられた喜びを語った。

そんな大森監督の演出について聞かれた瑛太は、「多田は“30代のバツイチ男”という、僕よりもちょっと年上の人物なんですけど、改めて役作りはせず、今の自分が感じるままに役を演じれば良いとアドバイスをいただきました」とコメント。多田の相棒・行天を演じた松田は、劇中で見せる奇妙(?)な走り方について聞かれ、「あれは演出ではなく、自分で勝手にやりました(笑)」と返答。さらに「僕、本当は走るの早いんですよ。全力疾走のシーンも入れてほしかったなあ」と話し、会場を沸かせた。

また本作は、主演のふたり以外にも、豪華キャストがそろっていることでも話題だ。そんななかでも、瑛太は麿赤兒との共演が特に印象深かったらしく「麿さんと向かい合って話すシーンだと、その奥から大森監督も僕の演技ご覧になられて。この親子にじっと見られながらお芝居をするなんて、貴重な経験ですよね」と、撮影時のエピソードを語ってくれた。さらに、父親の麿赤兒だけでなく、実弟の大森南朋も出演していることについて聞かれた大森監督は、「昨日、GyaO!でメイキング映像が放送されたんですけど、兄弟でしゃべってるシーンが大量にあって、ちょっと恥ずかしかったですね。でもアイツ(大森南朋)、現場だとずっと敬語なんですよ。何なんでしょうね(笑)」と、兄弟ならではの愚痴をこぼす場面も。

最後に、来場者へのお礼と、これから見る方への一言を求められた松田は、「こんなに大勢の方たちに見てもらえて、すごく嬉しいです。この映画が面白いと思った人は、是非、友達や周囲の人にも勧めてください」とコメント。また瑛太も「原作は続編も出ているので、皆さんの応援次第で第二弾もできるかもしれません。とりあえず、本作を5回くらい見てください」と語り、場内は笑いに包まれた。瑛太&松田龍平のまったりとした雰囲気が全編に漂う『まほろ駅前多田便利軒』。見ればほっこり、優しい気持ちになれるそんな一本だ。【六壁露伴/Movie Walker】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報