『エンジェル ウォーズ』で実写ハリウッド映画吹替初挑戦のスフィアにファン900人が大興奮!

寿美菜子と高垣彩陽はふたりで、本作をカップルシートで見たそうだ
  • 寿美菜子と高垣彩陽はふたりで、本作をカップルシートで見たそうだ

5人の女性が集結し幻想的な戦いに挑むアクション『エンジェル ウォーズ』(公開中)の大ヒット御礼舞台挨拶が4月24日、丸の内ピカデリーで行われ、日本語吹替版の声優を務めたスフィアの4人が登壇した。

実写ハリウッド映画の吹替初挑戦となった4人。戸松遥は声優決定時を振り返り、「『スフィア4人そろって吹替ができるなんて!』と嬉しくて、状況を飲み込むのに時間がかかりました」と、喜びを表現。仲間にとても誠実でタフなブロンディ役(ヴァネッサ・ハジェンズ)の声を務めた豊崎愛生は「ヴァネッサが好きなので、キャスト発表の時に『ブロンディ来い! ブロンディ来い!』と思っていたら、『豊崎、ブロンディ役』と言われて嬉しかったです」と、希望通りの配役だったことを明かした。

好きなシーンを問われ、「初めの戦闘シーンが好きです。いきなりお寺が出てきて『この景色知っている!』と興奮しました」(寿美菜子)、「5人で目的を達成して、喜んではしゃぐシーンが好きですね。ドラゴンなど架空の生物の質感や動きに息吹や温度を感じるくらいリアルに描かれていてすごいと思いました」(高垣彩陽)、「ザック・スナイダー監督が日本のアニメ好きということで、みんなのファッションが格好良かったです。CGに圧倒されっぱなしで、めくるめく展開に飽きずに見入ってしまいました」(豊崎)と、興奮気味にお気に入りシーンを紹介。陽気だが気高い意思を持つアンバー役(ジェイミー・チャン)の高垣は、アフレコ収録時、「実写なので、どれだけオリジナルキャストの方の呼吸に近づけるか、アンバーとして呼吸してしゃべられているかなど、何気ない会話のシーンでも気をつけました」と、気を配ったことをアピール。

東日本大震災後、初めての仕事となった高垣は、「スタッフさんが『この映画が無事に公開されたら、この映画からパワーをもらってほしい』と言っていたので、何かを受け取って帰ってもらえたら嬉しいです」と、劇場に集まった約900人のファンに呼びかけ、ファンを湧かせた。【Movie Walker】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報