懐かしい香りに癒される!?“畳”のiPadケースが若者に人気

畳の素材感や香りが存分に楽しめるiPad用ケース「Tatami-Pad(タタミパッド)」(3980円)が登場
  • 畳の素材感や香りが存分に楽しめるiPad用ケース「Tatami-Pad(タタミパッド)」(3980円)が登場

木目調のものや、ビビッドカラーのものなど、オシャレアイテムも続々と出ている“iPadケース”。中でも、今年2月に発売された、畳素材のユニークな“和ケース”が、若者を中心に人気を集めているという。

福岡県の職人が九州産のいぐさで作った「Tatami-Pad(タタミパッド)」(3980円)は、ブックカバーのような形状のiPad用ケース。軽くて汚れにくいのが特徴だが、柔軟性がある素材なので、見開き部分を折り曲げて好みの高さに調節し、文章をタイピングする時や、iPad本体を立てる時に役立てることも可能だ。カラーは、畳本来の素材感を全面に出したナチュラルカラー3種類と、モダンなブラックカラー5種類。「懐かしい香りがする」と若者の間でも話題となっているようだ。

今回、同商品を製作したのは、「四縁」「レゴン」「添島勲商店」の3社。四縁の広報担当者は、「日本の文化はすべて『畳』の上から始まっています。その『畳』の良さをiPadとともに世界へ広げたいと、開発に至りました」と経緯を語る。すでにリピーターもいるそうで、売上は上々とのこと。現在は、オンライン「襷(たすき)TASUKi」(http://www.tasuk-i.jp/)と、直営店の「薬師寺門前AMRIT」(奈良県奈良市)で発売中だが、今後は、量販店でも展開していく予定だという。

昔ながらの“畳”で、最新鋭の携帯端末を包むことができる「Tatami-Pad」。和をオシャレに楽しみたい人にはピッタリなのでは? 【東京ウォーカー】

キーワード

[PR] おすすめ情報