お母さんを漢字一文字で表すと「愛」〜母の日アンケート結果

最も多く挙げられたのは“愛”
  • 最も多く挙げられたのは“愛”

5月8日(日)の「母の日」を前に、化粧品会社の「カネボウ」が、子どもを持つ40~60代の女性とその子ども計1000人を対象にアンケートを実施。“母としての自分”を漢字一文字で表現してもらったところ、「愛」が最も多く挙げられるなど、子どもを大切に思う母の気持ちが表れた結果となった。

はじめに、「お母さんを漢字一文字で表すと…」という質問を母親にしたところ、全体で「愛」(12.0%・40代9.5%、50代9.0%、60代18.0%)がトップに。その理由として、「母が子どもに対する気持ちは“愛”しかありません」「子どもに対して自然に湧き上がってくるもの」など、子どもを大きな愛で包み込む母の優しさを感じさせる意見が多く寄せられた。

一方、子どもに同じ質問をしたところ、1位になったのは「優」(8.5%)で、次ぐ2位に「愛」(6.0%)、3位には「強」(5.0%)がランクインした。「優」を選んだ人の意見は、「優秀で優しいから」「どんな時でもいつも味方になってくれる」など。3位の「強」は、父親や自分自身に対する“態度”かと思いきや、「自分が子どもを産んだことにより、お母さんの偉大さ、強さをより感じるようになった」「家事も仕事もこなす母は強い」という尊敬の念を込めて選んでいることが分かった。

次に、「きれいでいるために“気をつけたい”こと」を母親に尋ねたところ、全体の8割が「体型」(80%)と回答。続いて、「肌(シミ、シワなど)」が(63%)、3位には「髪(色、型)」(60.8%)が入るなど、女性なら一度は誰しも頭を痛める悩みがランクインした。

また、子どもに「母親に対して“変えてほしい、気をつけてほしい”こと」を聞くと、1位は母親と同じく「体型」(56.0%)で、2位「ファッション」(55.8%)、3位「髪(色、型)」(45.0%)と続いた。この事からも分かるように、男女ともに自分の母親にはいつまでも若々しくいてほしいと感じているようだ。

子どもの頃は何とも思わなかった人でも、就職や結婚を機に、母親のありがたさを改めて実感している人も多いはず。年に1度の「母の日」は、普段は言えない感謝の気持ちを伝えてみるのもいいかもしれない。【東京ウォーカー】

【調査概要】

調査期間:2011年2月

調査地域:全国

調査対象:合計1000人(子どもを持つ40~60代の女性各200人、50代の母親がいる男女各200人)

調査方法:インターネット調査

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報