平野綾が“涼宮ハルヒ“を語る!「ハルヒがいなかったら今の私はいない」

アニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」で主人公・涼宮ハルヒの声優を務める平野綾
  • アニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」で主人公・涼宮ハルヒの声優を務める平野綾

WOWOWでは、5月3日(火・祝)から5日(木・祝)の3夜連続で、アニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」のテレビシリーズ、全28話を紹介する。また、5月6日(金)には、劇場版「涼宮ハルヒの消失」も放送。テレビシリーズと劇場版を合わせて一挙放送するにあたり、主人公・涼宮ハルヒの声優を務める平野綾にインタビューを行った。

アニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」は、高校生のハルヒが団長を務める“SOS団”という風変わりなクラブ活動を描く。ライトノベルが原作の同作は、'06年にアニメ化され、“ハルヒブーム”を巻き起こしたほどの大人気シリーズだ。

――同作の人気の秘密はどこにあると思いますか?

「最初に(ハルヒを)演じたときは、ここまで人気が出るとは全く想像しませんでした。ハルヒって、すごく変わった女の子に見えるけど、意外と身近にいる存在なのかなって私は思うんです。というのも、学生時代とかに、誰しも考えたことがあるんじゃないかなっていう、ちょっととっぴな願望を(ハルヒは)素直に口にするだけで、“ハルヒ”っていうものは、私たちの中にもいるんじゃないかなって思うから。それが共感や、キャラクターへ憧れるポイントなのかもしれませんね」

――ハルヒを演じる前と後で、ご自身の中で変わった点はありますか?

「私のことを知ってくださる方がすごく増えました。主題歌も歌わせていただいたり、いろんな可能性をこの作品は与えてくれて、自分の音楽活動や、役への取り組み方に対しても何から何まで、今の私に影響しています。ハルヒをやり始めたころは、私全然言えない子で、むしろ(同作に登場する)長門みたいなしゃべらない子だったんですけど(笑)、ハルヒのズバッと言う役柄がきっかけになって、自分の意見は責任を持って発信していかなきゃって引っ張られました」

――平野さんにとって、“涼宮ハルヒ”とはどのような存在ですか?

「私の確実に代表作なので、ハルヒを演じられなかったら、今の私はないだろうなって本当に思います。ハルヒは(自分との)距離感がすごく近かったんですよ。重ねられる部分もすごく多かったので、演じやすいキャラクターでした」

――第1シリーズから第2シリーズが始まるとき、演じ方の違いはあったのでしょうか?

「監督やスタッフから“5年前と同じ芝居をしてください”って言われたんですけど(笑)。自分で気付かないうちに変わっちゃった部分ってあるじゃないですか。私は、声質が全体的に低くなってしまったので、第1シリーズを全部見直して、“私こんな感じでしゃべってたんだな”っていうのを取り戻していきました」

――斬新な演出で話題になった“エンドレスエイト”のシリーズも一挙放送されますが、演じている方も大変だったのでは?

「いやもう本当に大変で! (エンドレスエイトの)話がきたとき、キャスト全員でポカーンってなってしまって(笑)。私たち演者ですら、飲み込むまでにすごく時間が掛かったんですよ。なので、見てくださる方は、(私たちの)実体験みたいな感覚でどうぞ(笑)」

――“消失”のエピソードが映画化されると決まったときは、どんな気持ちでしたか?

「テレビシリーズで“消失”をやると予想している人が多いだろうから、みんなでびっくりさせましょうっていうことで、劇場版に向かって頑張っていったんです。(“消失”は)原作の中でも一番人気の高いエピソードだったので、いい意味で期待を裏切るっていうことには、お応えできたんじゃないかな」

――見る側としてのお気に入りのシーンを教えてください。

「一番大変だったのは“ライブアライブ”っていう回(第26話)で、絵や歌のパワーに負けちゃいけないって、必死でした。あと、レコーディング中の私をずっとカメラで撮っていて、歌っている顔を元にして絵を起こしたりしているので、“平野はこういう顔して歌ってたんだな”って、ハルヒを通して見ていただけるとうれしいです」

――平野さん個人の活動として、今度は舞台にも挑戦されますが、意気込みは?

「声優としての軸はあるけど、自分にできることなら何でもやりたいです! それで吸収できたり、自分に良い影響あることだったら、いくらでも影響されたい。ハルヒとかいろんな役を通じて吸収したものを全部舞台に出して、また舞台で吸収したものを声優のお芝居に生かしていきたいです!」

――ファンのみなさんのメッセージをお願いします。

「ハルヒを一番最初にやったとき、私大学一年生だったんですよ。そこからの5年間は、私にとっては密度が高かったし、5年間で私もすごく変われました。応援してくださるみなさまにとっては、(みなさんの)思い出と一緒に歩んできた作品であってほしいです。初めて見てくださる方は、その5年間を埋めるような、すごい食いつきで見てほしいです(笑)。ぜひ、追いついてきてください!」

アニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」
5月3日(火・祝) 夜2:00-翌朝6.57 WOWOW(WOWOW2、3も)で放送
※第1話~第11話
5月4日(水・祝) 夜2:00-翌朝5.40 WOWOW(WOWOW2、3も)で放送
※第12話~第19話“エンドレスエイト”
5月5日(木・祝) 夜2:00-翌朝6.10 WOWOW(WOWOW2、3も)で放送
※第20話~第28話

映画「劇場版 涼宮ハルヒの消失」
5月6日(金) 夜10:00-0:50(WOWOW(WOWOW2、3も)で放送

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報