DV疑惑が晴れたニコラス・ケイジの敵は?『デビルクエスト』最新予告編が公開

『デビルクエスト』は7月30日(土)より全国公開
  • 『デビルクエスト』は7月30日(土)より全国公開

『60セカンズ』(00)のドミニク・セナ監督と、ニコラス・ケイジが11年ぶりにタッグを組む『デビルクエスト』(7月30日公開)の最新予告編がどこよりも早くMovie Walker独占で公開された。

本作の舞台は伝染病が世にはびこる14世紀。十字軍の騎士ベイメン(ニコラス・ケイジ)とフェルソン(ロン・パールマン)は、キリストの名の下に激しい戦闘を繰り返していた。遠征と殺戮の日々に疑問を抱いたベイメンは、フェルソンと旅に出るが、食料を求めて立ち寄ったとある町で捕らえられ、病に伏せる枢機卿から「捕らえている女を人里離れた修道院へ運び、魔女裁判にかけよ」との特命を受ける。魔女は世を荒廃させる疫病の根源だと考えられていたのだ。かくして騎士ベイメンとフェルソン、神父のデベルザック、腕利きの騎士エッカート、侍者カイが加わり、詐欺師のハガマーを案内人とし、修道院のあるセヴラックを目指す旅が始まった。だが、険しい道中、行く手を阻むかのように不可思議な現象が起こり、仲間は次々と危険にさらされる。これは魔女の仕業なのか? そして女は本当に魔女なのか? 彼らの前に予想だにしなかった巨大な悪が遂に姿を現す。

十字軍の騎士、魔女狩り、疫病、超常現象、キリスト教、モンスター、そして悪魔と、14世紀の暗黒時代をベースに、スリリングかつアクション満載で描かれる本作は、さながらRPGゲームを彷彿とさせる。主演のニコラス・ケイジは、泥酔のうえDVで逮捕、直後に疑惑は晴れて釈放と、何かと話題を振りまいているが、次なる敵“DEVIL”を倒すことができるのか。公開を楽しみに待ちたい。【Movie Walker】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報