富士山から湖まで! 山中湖にポップな“水陸両用バス”が登場

「陸からそのまま湖に入る」という非日常的な瞬間を楽しめる“水陸両用バス”「YAMANAKAKO NO KABA(ヤマナカコノカバ)」
  • 「陸からそのまま湖に入る」という非日常的な瞬間を楽しめる“水陸両用バス”「YAMANAKAKO NO KABA(ヤマナカコノカバ)」

富士急行は4月末より、山中湖(山梨県・南都留郡)にて、県内初となる“水陸両用バス”「YAMANAKAKO NO KABA(ヤマナカコノカバ)」の運行を開始。ポップな車両デザインでインパクト抜群な上に、「陸からそのまま湖に入る」という非日常的な瞬間を楽しむことができると、早くも話題となっている。

車輪とスクリューを備え、陸の上でも、水の中でも走行が可能な「YAMANAKAKO NO KABA」は、四季折々の表情を見せる富士山麓(さんろく)の森林地帯を走行。その後、「陸からそのまま湖に入る」という非日常的な瞬間を経て、山中湖を優雅にクルージングできる乗り物だ。陸上走行、湖上走行ともに15分間ずつ楽しめ、料金は大人1500円、子ども750円(4月30日~6月28日)。

このバスに乗れば、“富士山”と“山中湖”という2大トピックを、「陸からも湖上からも見られる」というのが特徴だが、ポップな車両デザインも見逃せないポイント。九州新幹線「つばめ」や「富士登山電車」のデザインを手掛けた工業デザイナー・水戸岡鋭治氏によって、水と陸の両方で生活する動物の王者“カバ”がポップなテイストで描かれているのだ。同社広報担当者は、「目立ちますので、乗車すれば沿道の人々から注目されますし、見るだけでも楽しめる車両です。“移動手段”としてだけでなく、車両そのものを楽しんでほしいですね」とコメント。

光・風・森・水しぶきといった自然の要素を、“五感”で体感できるエンタメ性抜群の「YAMANAKAKO NO KABA」。“水陸両用バス”は、全国でもレアな存在だということなので、この機会にぜひ乗車してみてはいかが? 【東京ウォーカー】

【YAMANAKAKO NO KABA 】
運行概要
■〈プレ運行〉※4/30~6/28はプレ運行期間とし、演出等を省略した短縮コースで運行。1:運行期間 平成23年4月30日(土)~6月28日(火) 2:運行回数 4月30日~6月28日 5便/日 3:乗車時間 4月30日~6月28日 約30分(※陸上走行15分、湖上走行15分) 4:発着場所 旭日丘バスターミナル 5:定休日 4月30日~6月28日 水曜日・木曜日 6:料金 4月30日~6月28日 大人1500円、小人750円
〈正式運行〉※季節によって変更あり 1:運行期間 平成23年7月1日(金)~ 2:運行回数 7月1日~ 7便/日 3:乗車時間 7月1日~ 約45分(※陸上走行20分、湖上走行25分) 4:発着場所 旭日丘バスターミナル 5:定休日 7月1日~ 木曜日 6:料金 7月1日~ 大人2000円、小人1000円
■アクセス 旭日丘バスターミナル
鉄道:富士急行線 富士吉田駅(7/1~「富士山駅」)よりバス約25分、旭日丘下車。高速バス:中央高速バス富士五湖線、山中湖ターミナル下車東富士五湖道路 山中湖I.Cよりクルマで10分
■予約・問合せ 
富士急山梨バス株式会社KABA予約専用ダイヤル 0555・72・6969(受付時間7:30~18:30)(※予約は乗車日の1ヶ月前から)

キーワード

[PR] おすすめ情報