名女優・田中好子、最後の主演映画が期間限定で追悼特別上映!

田中好子の好演が光る傑作がスクリーンで楽しめる
  • 田中好子の好演が光る傑作がスクリーンで楽しめる

数々の映画賞で主演女優賞を受賞した『黒い雨』(89)をはじめ、感動作『鉄道員 ぽっぽや』(99)や大ヒットドラマ「家なき子」「ちゅらさん」などに出演し、多くの人々から愛された名女優・田中好子。今月21日に逝去した彼女を偲んで、4月30日(土)から5月13日(金)までの期間中、TOHOシネマズ六本木ヒルズにて、田中好子最後の主演映画『0(ゼロ)からの風』(07)が追悼上映されることになった。

本作は、悪質な交通事故により最愛の息子を失った母親が、約37万人分の署名を集め、刑法の改正に向けて立ち上がる姿を描いた、実話がベースの人間ドラマ。劇中で彼女は、交通事故による悲劇を少しでも減らそうと奔走する主人公・茂木圭子を全身全霊で演じており、見る者全てに熱い感動を与えてくれる。

ちなみに上映期間中の5月1日(日)には、本作を手がけた塩屋俊監督と、主人公の息子・茂木零を演じた杉浦太陽が登壇する舞台挨拶も実施されることに。撮影現場での彼女との思い出話や、秘蔵エピソードの数々を聞かせてくれる予定だ。

キャンディーズのメンバーとして一世を風靡し、女優転身後もその演技力で多くの映画ファンをうならせた田中好子。そんな彼女の在りし日の姿を、この機会に是非スクリーンで堪能してもらいたい。【六壁露伴/Movie Walker】

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報