石原さとみ、中村獅童らが映画「鬼神伝」の舞台あいさつに登場!

映画「鬼神伝」の初日舞台あいさつに出席した宇崎竜童、石原さとみ、中村獅童、福原美穂(写真左から)
  • 映画「鬼神伝」の初日舞台あいさつに出席した宇崎竜童、石原さとみ、中村獅童、福原美穂(写真左から)

映画「鬼神伝」の初日舞台あいさつが4月29日、都内で行われ、声優を務めた石原さとみ、中村獅童と、音楽を手掛けた宇崎竜童、主題歌を歌った福原美穂らが登壇した。

同作は、1200年前の平安時代の京都にタイムスリップしてしまった少年が、人間と鬼の壮絶な戦いに巻き込まれていく冒険アニメ。

“鬼の一族”の少女・水葉を演じた石原と、“鬼”と対立する貴族の僧侶・源雲を演じた中村は、それぞれが演じたキャラクターの仮面を付けて舞台に登場。中村は「強引なところもあるけど、誰よりも強く平和を願っている源雲というキャラクターを、心を込めて演じました。作品をご覧いただき、そういった気持ちを感じとってもらえたらうれしいです」とコメント。一方、石原は「大勢の人が長時間掛けて手描きで作り上げた、丁寧な作品です。その点にも注目して二度、三度と何回も見ていただけるとうれしいです」とアピールした。

宇崎は「現代と平安時代の2つの世界で展開する物語なので、“和モノ”と“洋モノ”を融合させた音楽を作りました。“竜童組”を再結成して、戦闘シーンでは和太鼓の乱打を取り入れたりと、面白いアイデアを全編に盛り込みました」と出来栄えに自身満々の様子だった。

映画「鬼神伝」
公開中

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報