小さな大女優・芦田愛菜が大人顔負けのあいさつ!「大先輩たちと一緒にお仕事できてうれしいです」

映画「阪急電車 片道15分の奇跡」の初日舞台あいさつに豪華キャスト陣が登場!
  • 映画「阪急電車 片道15分の奇跡」の初日舞台あいさつに豪華キャスト陣が登場!

映画「阪急電車 片道15分の奇跡」の初日舞台あいさつが4月29日、都内で行われ、出演者の中谷美紀、戸田恵梨香、宮本信子、南果歩、谷村美月、有村架純、芦田愛菜と、三宅喜重監督が登壇した。

同作は、TVドラマ化もされた「フリーター、家を買う。」などで知られる有川浩のベストセラー小説の映画化。兵庫・宝塚~西宮北口間を片道約15分で走行する阪急今津線の電車内を舞台に、それぞれに問題を抱えた乗客たちが織り成す心温まる人間模様を描く。

中谷は、「今、日本中が震災の動乱で疲弊しているかと思いますが、日本中に温かい思いを届けたいとただただ願っています。この作品は、失敗しても傷付いても、きっと立ち上がれる、自分の人生を肯定したくなるような作品に仕上がっています」と言葉を詰まらせ、涙を見せた。

地元・神戸が舞台となった戸田は「全国の方にもっともっと阪急電車を知ってもらえるきっかけとなるこの作品に携わることができて、光栄でうれしく思います」とあいさつ。また、昨年、スキューバダイビングのライセンスを取ったという戸田は、「ことしの春にできるか分かりませんが、石垣島や宮古島に行って、海に潜ってみたい」と目を輝かせた。

宮本演じる時江の孫娘・亜美を演じた芦田は「亜美ちゃんはとても元気な女の子で、私に似ていて演じやすかったです。関西弁のお芝居も楽しかったです」と笑みを浮かべた。小学校に入学したばかりの芦田は「小学校は楽しいです! 国語と図工が好き」と、新生活も満喫している様子。さらに「ここにいる大先輩の女優さんたちと一緒にお仕事できてうれしいです」と、6歳とは思えないしっかりさで会場を驚かせた。

映画「阪急電車 片道15分の奇跡」
公開中

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報