人気ケータイ小説「金魚倶楽部」がNHK総合でドラマ化決定!

自分たちの居場所を作るために、2人は“金魚倶楽部”を作る
  • 自分たちの居場所を作るために、2人は“金魚倶楽部”を作る

NHK総合は、ケータイ小説サイト「魔法のiらんど」から生まれた、椿ハナ原作の「金魚倶楽部」をドラマ化することを発表した。7月スタート予定で、毎週土曜夜11時30分から放送する。出演は、入江甚儀、刈谷友衣子、水野絵梨奈、吉沢亮、栗原吾郎、喜多嶋舞、遊井亮子、麿赤児ら。

同作は、いじめをきっかけに出会った孤独な少女と無為に生きる少年との切実な恋の物語をみずみずしく描く。学校では目立つ存在でモテるのに、女子にも進学にも興味が持てない高校3年生の柊ハル(入江)は、ある日いじめられている1年生の春川こと(刈谷)を助ける。ハルは「居場所を作ろう」と、ことと2人だけの部活“金魚倶楽部”を作ろうと提案。その部活を通して次第に互いを心のより所にするようになる2人だが、ハルに好意をもつ女子たちが、ことに対するいじめをエスカレートさせていく。

また、ドラマ本編の放送後は、視聴者からの携帯メッセージを紹介する生放送のコーナーがあり、視聴者が参加できるようになっている。

ドラマ「金魚倶楽部」
7月スタート予定
毎週土曜夜11.30-0.00 NHK総合で放送

キーワード

[PR] おすすめ情報